スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

266 王さま蛙

266 Regxo Rano 王さま蛙
266 Regxo Rano 王さま蛙
(グリム)





Estis iam belega princino.
あるときとても美しい王女がいました。

Dum sunaj tagoj sxi sidis sur bordo de puto kaj ludis per ora globo, sxi jxetis gxin alten kaj poste gxin kaptis.
お天気の日に彼女は井戸の縁にすわって、黄金のまりを上に投げ、落ちてくるのをうけとって遊んでいました。

Sed foje sxi miskaptis, globo falis en puton kaj rapide dronis en nigra profundo.
  Droniおぼれる
しかし一度受けそこなってまりは井戸の中に落ち、急速に黒い底に消えていきました。

Princino ege malgajis kaj lauxte ploris, cxar ora globo estis sxia plej sxatata ludilo.
 lauxte大声で、 ludi遊ぶ、-il道具、
王女はとても悲しみ、大声で泣きました、黄金のまりは彼女の一番好きな遊具だったからです。

Subite elakvigxis dika, malbelega rano kaj diris:
突然、ふとった醜い蛙が水から浮かび上がって言いました:

“mi redonos al vi vian globon, se vi min akceptos kiel amikon, se vi permesas, ke mi povas mangxi el via talero kaj dormi en via lito.
「もし僕を友人としてうけいれ、あなたの皿からたべ、あなたのベッドで眠ることを許してくださるなら、あなたにまりをとり戻してあげましょう」

Haste sxi respondis:
急いで彼女は答えました

“mi cxion promesas!
「すべて約束します!

Redonu al mi mian globon!”
私のまりをとりもどして!」

Rano tute profunde subakvigxis kaj redonis oran globon al princino.
蛙は水に深くもぐり、黄金のまりを王女にとりもどしました。

Knabino transprenis globon kaj gxoje forsaltis.
transpreni引き取る, forsalti跳び去る
王女はまりをうけとり、大喜びで立ち去りました。

“Atentu!” vokis rano.
「待って!」、と蛙が声をかけました。

“Kunprenu min!”
「ぼくを一緒につれて行って!」

Sed knabino ne auxskultis kaj jam forgesis sian promeson.
しかし、王女は耳をかさず、もう約束をわすれていました。」

Postan tagon sidis cxirkaux tablo regxo kun sia filino kaj kun multaj korteganoj.
翌日、テーブルのまわりに王様と王女、多くの廷臣たちがすわっていました。

Subite oni auxdis frapojn je palace pordo.
突然、宮殿の扉をたたく音が聞こえました。

Estis rano, kiu vokis:
蛙が呼びかけました。

“princino, plej juna, malfermu por mi pordon.”
  plej juna最も若い
「王女さま、扉をあけてください」

Ekvidinte ranon, princino ektimite klakfermis pordon.
  klakfermi=jxetfermi
蛙をちらと見た王女は、こわくなって扉をバタンと閉めました。

Sed regxo demandis, kion rano petis, princino devis konfesi, ke sxi promesis sian amikecon al rano.
しかし蛙が何を頼んでいたのかと王様に尋ねられ、王女は蛙と友達になる約束をしたことを告白せねばなりませんでした。

“Promeson oni devas plenumi!
  plenumi実行する、遂行する、果たす
「お約束は守らなければなりません!

Malfermu prdon por gxi!”, ordonis regxo.
「扉をあけておやり!」と王様は命じました。

Pro tio princino nauxze enlasis ranon, kiu postsaltetis sxin gxis sxia segxo.
そのため女王は吐き気を覚えながら 蛙を中に入れました、蛙は彼女の椅子まで跳ねて行きました。

Post tio rano arangxis, ke sxi levis gxin sur tablon kaj petis:
そのあと、食卓の上へあげてくださいなと蛙は頼みました:

“sxovu pli proksimen vian oran teleron, pro kio ni komune povas mangxi.
二人で一緒にたべられるように,貴女の黄金の皿をもっと僕の方へ寄せてください。
  sxovi押し動かす, telero皿

Nur malvolonte princino tion faris.
malvolonte=nevolonteいやいや
いやいやながら王女はそうしました。

Post kiam rano satigxis, gxi diris: “mi dormemas.
おなかいっぱいたべたあと、蛙は「僕は眠い」と言いました。

Arangxu vian silkan litajxon, ni enlitigxu!”
  litajxo寝具類、-ajx事物、enlitigxiベッドに入る
貴女の絹のおふとんをしいてくださいな。ふたりで寝ることにしましょうよ!」

Princino nauxzis kaj lauxte ploris.
王女は吐き気をおぼえて、大声で泣きました。

Regxo kolere diri: “kiu helpis al vi, tiun vi ne malrespektu!”
  malrespekti無視・軽蔑する
王様は怒って言いました、「お前を助けてくれたものを、バカにして相手にしないという法はない!」

Princino per du fingroj portis ranon en cxambron.
お姫さまは二本指で蛙をつまんで部屋へはこびました。

Sed kiam rano vere postulis, dormi kun sxi en lito, princino ege kolerigxis kaj plenforte jxetis ranon kontraux muron.
しかし蛙がほんとうにベッドの中で彼女とねることを要求したとき、お姫さまは激怒して蛙を力いっぱい壁に投げつけました。

Falante de muro, rano subite transformigxis al belega princo.
  fali落ちる
壁からおちると、蛙は突然、とても美しい王子にかわりました。

Malbonega magio ensorcxis lin kaj nur tiu princino kapablis liberigi lin el sorcxo.
極悪の魔術が彼を魔法にかけていました、そしてこの王女だけが彼を魔法から

Plengxoje regxo geedzigis ambaux.
  geedzigi 夫婦にする
大喜びで王様はふたりを結婚させました。

Postan matenon venis luksa kalesxo, tirita de ok blankaj cxevaloj por veturigi ilin al princa palace.
翌日、二人を王子の王宮へ運ぶために、8頭の白馬に引かれた豪奢な四輪馬車がやって来ました。

La fidela Henriko, servisto de juna princo, siatempo pro granda malgxojo ligis sian koron per tri feraj ringoj pro ke koro ne disrompigxu.
  siatemp0かつて・当時、ligiむすぶ・つなぐ,  kor心臓・むね、disrompigxi粉々になる
  -dis分散・拡散・分離
若い王子の従者・忠実なヘンリコは、当時大きい悲しみ(注:王子が蛙になった)のために、胸がはれつしないように3つの鉄のタガを胸のまわりにはめてもらいました。

Sed nun servisto tiom felicxis, ke unua ringo per lauxta krako disfalis.   
tiom…ke=so much so …that, disfali解体。分裂してなくなる
しかし今、従者はとても幸せったので、第1のタガがパチーンと大きい音をたてて崩壊しました。

“Henriko, kalesxo disrompigxas!” vokis princo, “Ne, princa mosxto, ne estas kalesxo!”
  mosxto陛下・殿下・閣下
「ヘンリコ、馬車がこわれる!」と王子が叫びました。「いいえ、王子さま、馬車ではありません!」

Kaj denove kaj poste trian fojon krakante disrompigxis feraj ringoj de koro, cxar servisto plenis pro gxojego, cxar lia princo liberigxis de sorcxo kaj nun kiel edzo felicxas.
もう一度、またもう一度、パチーンという音がして胸のタガ(鉄の輪)が崩壊しました、なぜなら従者が喜びでいっぱいだったからです、なぜなら彼の王子が魔法から解放され、今や夫として幸せだからです。

FINO
1月30日
スポンサーサイト

265  睡眠不足で、愛が損なわれる

265  睡眠不足で、愛が損なわれる
265  睡眠不足で、愛が損なわれる
2013年1月28日に配信されたEsperanta Retradioの記事<Se mankas dormo, suferas la amo>です。




Bone dormi tra la tuta nokto por multaj homoj restas ofte nura deziro, ĉar ili aŭ nur malfacile povas ekdormi aŭ ili vekiĝas dum la nokto kaj dum longa tempo ne sukcesas reekdormi.
一晩中ぐっすり眠ることは、多くの人にとってしばしば願望にすぎなくなっています、入眠困難か、夜間に目覚めて眠れなくなるからです。

Tio kompreneble montriĝas negative la tagon poste ĉar mankas bonhumoro kaj vivoĝojo se oni sentas ankoraŭ lacecon en la ostoj.
当然、次の日にマイナスの影響が及びます。疲労感が残ると機嫌が悪くなり、生きている喜びがそこなわれるからです。

Kaj tio influas ankaŭ la sintenon rilate al la homoj kun kiuj oni kunvivas aŭ kunlaboras.
家族や職場の仲間たちに対する態度にもマイナスの影響があらわれます。

Multaj homoj ne sentas sin sufiĉe priatentataj kaj deziras pli da atento de la partnero.
多くの人は自分が十分に気遣われていないと感じ、パートナーのもっと多くの配慮を望みます。

Studaĵo de la usona universitato de Berkely nun trovis eblan kaŭzon por tiuj interpartneraj problemoj: Manko de dormo.
カリホルニア大学バークレイ校の研究で、パートナー間の問題「睡眠不足」の原因が見つかりました。

Homoj kiuj suferas pro dormomanko estas evidente tro lacaj por diri "Dankon".
睡眠不足の人は疲れすぎて、「ありがとう」を言わなくなります。

Tiun konkludon atingis du psikologinoj en Kalifornio.
カリホルニアの2人の女性心理学者の結論では、

Laŭ ili malbona dormo ŝajne igas la homojn pli egoismaj kaj la propraj bezonoj aperas tiam pli gravaj ol tiuj de la partnero.
不良睡眠は人をよりエゴイストにし、その個人的要望がパートナーより重要に思われます。

Multaj homoj ja fanfaronas pri tio ke ili nur tre malmulte dormis resp. ke ili bezonas nur malmulte da dormo por rekreiĝi.
エネルギーの回復には少しの睡眠が必要なだけだ、自分は非常に少ない時間しか眠らなかったと、多くの人はこれについて大げさに言いふらします。

Tiu cirkonstanco inspiris la psikologinon Amie Gordon esplori la interrilaton de dormokonduto kaj amrilato.
こういう事態から、女性心理学者アミー・ゴードンは睡眠行動と愛情の相互関連をしらべました。

Por la esploro oni analizis la dormkonduton de pli ol 60 paroj en la aĝo de 18 ĝis 56 jaroj.
18歳から56歳までの男女60ペア以上について、睡眠行動が分析されました。

En eksperimento la partoprenantoj de la testo devis skribadi taglibron.
被験者たちには、日記を書く事が義務づけられました。

Tie ili devis ĉiutage dokumenti la kvaliton de ilia nokta ripozo kaj kiagrade la sinteno rilate al la partnero estis influita de tio.
夜間休息の質と、それがパートナー(配偶者)に対する振舞にどのように影響したかを毎日、記録させました。

En plua eksperimento la paroj ricevis taskojn kiujn ili devis praktike solvi kaj oni samtempe filmis ilin ĉe tio.
追加の実験ではペアに解決すべき仕事が与えられ、映画に記録されました。

Tiuj kiuj dum la antaŭa nokto estis dormintaj malbone aŭ mallonge estis malpli pretaj al kunlaboro kaj montris malpli da bonestimo ol la bone eldormintaj partoprenantoj de la testo.
  bonestimo高い評価
前の晩によく眠らなかったか短時間しか眠らなかった者は、共同作業が悪くなり、熟睡者より低く評価されました。

Entute montriĝis ke manko de nokta rekreiĝo povas konduki al problemoj de partnereco.
全体として、夜間睡眠の不足はパートーナーに対して不都合な振る舞いを行動をもたらしました。

La dormomankuloj fariĝis malpli sentemaj por la bezonoj kaj humoroj de la alia.
  sentema敏感な
睡眠不足者は、他者の気分や必要に対する感受性の低下を示しました。

Tiel kompreneble ankaŭ ronkado aŭ la batalo pri la litkovrilo povas fariĝi partnereca problemo.
  ronkadoいびき、

Se eble unu partnero ja bone dormis kvazaŭ kiel bebo, sed la alia ne, tiam verŝajne ambaŭ baldaŭ fariĝos grumblemaj.
もし片方の配偶者が赤ん坊のように熟睡し、片方がそうでなかったら、まもなく双方が不平を言い始めます。

Sed kiel eblas malakrigi la interpartnerajn problemojn kiuj estas kaŭzitaj de dormomanko?
しかし睡眠不足で生じた配偶者間の問題を、どうすれば和らげられるでしょうか。

La psikologino konsilas: "Certigu al vi ke vi diras "Dankon", se via partnero faras ion afablan.
女心理学者の助言です:「あなたのパートナーが何か好意的なことをすれば、「ありがとう」と言うようにすることです。

Sciigu al ŝi aŭ li ke vi ŝatas ŝin aŭ lin."
彼女(あるいは彼)に、あなたが彼女(あるいは彼)を愛していることを知らせなさい」
1月28日

262 小猫のムリムツ

262 小猫のムリムツ(1)
262 小猫のムリムツ




Kato Mullimuc enue sidas en sia korbeto.
  enuo退屈、korboかご・ざる・バスケット
猫のムリムツは退屈して自分の籠の中にすわっています。

Gxi purigas sin detale kaj tre abunde.
  purigi清潔にする, detale詳細に, abunde豊富に・おびただしく
からだ中を丁寧になめて、きれいにします。

La katido batalas kontraux kuseno tiamaniere, ke multaj plumoj flugas simile negxoflokoj.
-id未成熟、kuseno座布団、flugi飛ぶ、negxo雪、floko雪や羽のようにフワリとしたもの
子猫はクッションを強く叩いたので、多くの羽根が雪のように散ります。

Sed tio ludo tamen ne amuzas gxin.
しかし、この遊びは子猫を楽しませません。

Sola ludado tute ne placxas.
  sola単独の、-ad継続・反復
一人遊びは、まったく気に入りません。

Cxu oni eble ludu per lano-bulo?
  lanoウール
ウールの玉で遊べるかな?

Sed tiu ja ne movigxas.
しかし、そいつは動きません。

Kie trovi vivantan kunludanton?
どこで生きている遊び仲間をみつけられるかな?
●mi povas, あるいはoni povasが略されています。

Scivole, nerimarkite kaj decide Mulli transpasxas sojlon inter cxambro kaj korto.
sojlo敷居、korto庭
好奇心から、人に気づかれないで、決定的に、ムッリは部屋と庭の間の敷居を越えます。

Hundo paceme kusxas en sia dometo.
paco平和、pacemea争いを好まないで・温厚に、
犬は温厚に、自分の小屋の中でねています。

Gxi dum tuta nokto atente gardis sian terenon.
  tereno土地
犬は一晩中、自分の土地を注意して守っていました。

Kompreneble gxi nun estas tre dormema.
  kompreneble理解され得る
彼が今とても眠いのは当然です。

La katido per “miaux, ludu kun mi”, vekas gxin.
子猫は「にゃーお、僕と遊ぼうよ」と、犬を目覚めさせました。

Tio cxagrenigas hundon.
それは犬をうんざりさせます。

Gxi absolute ne ludas laux katida intenco.
  laux~に従って, intenco意図・心づもり
犬は子猫が望むようには決して遊びません。

Hasso, ekstarinte kolere bojas:
  ekstari立ち上がる
急に起き上がると、怒って吠えます。

“Vi ne molestu min.
  molestiいやがらせをする、邪険にする
「俺にかまうな!

Anstataux ludi, vi sercxu por vi decan laboron!”
  deca礼儀にかなった・適当な・ふさわしい
遊ぶかわりに、お前にふさわしい仕事を探せ!」

Vidante cxevalon antaux ties cxaro, Mulli opinias:
  tiesソレの,  cxaro荷馬車、opini見解・意見を持つ
荷馬車の前の馬を見て、ムッリは考えます:

‘Tiu estas bona, tolerema kaj pacienca besto.
  toleri許容する, tolere我慢して、 pacienco忍耐
「こいつは善良な、包容力のある、辛抱強い動物だ。

Eble gxi sxatas ludi kun mi.’
  sxatas好む・好きだ
ひょっとしたら、僕と遊んでくれるかも」

La cxevalo indigne kaj hufofrapante grumblas:
  Indigne憤慨して、grumbliぶつぶつ言う
馬は怒って、蹄を踏み鳴らしてうなった:

“Malaperu, mi ne estas via ludajxo.
「消え失せろ、わしはお前の玩具やない。

Mia destino estas, tiri mian cxaron.”
  Destino運命
わしの定めは、荷車を引くことだ」

Kvankam la kateto obstine petadas, la cxevalo komprenigas:
  obstine強情に, petadiねだる、 komprenigiわからせる
子猫は強情にねだりますが、馬は言ってきかせます:

“anstataux ludi, vi sercxu por vi decan laboron!”
「遊ぶかわりに、お前にむいた仕事をさがせよ!」

Kontinue Mullimuc sercxas kunludanton, gxi atingas kokejon pensante:
kontinue連続して、 kokejo鶏小屋、koko鶏、-ej施設、
子猫は一緒に遊んでくれるものを探しつづけ、鶏小屋に来て、考えます:

‘Cxi tie mi trafos konvenan lokon.
cxi tie此処で、trafi当たる・命中させる、-os未来、konvenaふさわしい
「これはうまい場所にきたようだ。

Kokaro tutcerte ne estas laborema.’
  -ar全体, tutcerta確実な、-em性癖・傾向
鶏どもはどう考えても仕事好きじゃない」

Sed kokinoj nur timeme kuras al virkoko.
しかし雌鶏たちはただ怖がって雄鶏の方へ走ります。

Kvazaux sercxante gardon.
まるで保護を求めるように。

Nur unu inter ili proksimigxas al sxtupetaro.
  sxtuparo階段、sxtupetaroはしご
ただ彼らの中の1羽の雌鶏が梯子に近づきます。

La katido demandas:
子猫は訊きます:

“Cxu ni ambaux ludu?”
  ambaux=both
「一緒に遊ばない?」

Sed kokino rifuzante postulas:
しかし雌鶏は断って、要求します:

“Iru flanken.
  flanko側、flankenわきへ
「どいてよ。

Mi urgxe devas atingi mian neston por demeti ovon.”
卵をうむために大急ぎで巣へ行かんならんのよ」

La kaketo petante insistas, demeti alifoje tiun ovon.
  petiたのむ
その卵はほかの時にうめよ、と子猫は頼むようにいいます。

Sed gxiaj klopodoj restas vanaj.
  klopod骨折り・尽力, vana無駄な・実を結ばない
しかしその願いはムダでした。

Kokino konstante persistas, ke Mulli liberigu vojon al nesto.
雌鶏は、巣に行く道をあけて、といいつずけます。

Finfine alvenis virkoko por helpi kokinon.
さいごに雄鶏が助けにやってきました。

Atakante la katidon, gxi komprenigas:
  ataki攻撃する、komprenigi分からせる
子猫に実力で理解させました。

“Anstataux ludi, vi sercxu por vi decan laboron!”
「遊ぶかわりに、あんたにふさわしい仕事をさがせよ!」

Mulli fugxas malantaux domon.
子猫はうしろの家へ逃げます。

Tie, en suna brilo situas abelejo, cxirkauxita de trankvila, paca, abela zumado.
  situi位置する, abelejo蜜蜂飼養場、cxirkauxiとりまく、-it~された
其処は、太陽の輝くなかに蜜蜂小屋があり、おだやかで平和な蜜蜂の羽音がきこえていました。

Mullimuc, supozante, ke abeloj estas oportunaj kunludantoj, elegante saltas sur tegmenton de abelujo.
子猫は蜜蜂が一緒に遊んでくれると思って、上品に蜜蜂小屋の屋根に跳びあがります。

Bedauxrinde ankaux abeloj ne deziras ludi.
残念ながら蜜蜂も遊びたくありません。

Dum ili kolektas mielon, oni tute ne perturbu ilin.
  perturbi混乱をもたらす
蜜を集めている間、邪魔してはいけないのです。

La gxisnuna pacema zumado nun sxvelas, pli kaj pli sonante ecx dangxere:
  sxveli膨らむ・増大する
それまでの平和な羽音がやかましくなり、しだいに危険にさえ響きます。

“Anstataux ludi, vi sercxu por vi decan laboron!”
「遊ぶ代わりに、あんたにふさわしい仕事をさがせよ!」

Koleraj abeloj ecx dolorige pikas.
怒った蜜蜂たちは威嚇的に刺しさえします。

Fugxanta katido rapide savas sin en garbejon.
  savi sin救う, garbejo納屋・穀物小屋
子猫はいそいで穀物小屋へ逃げます

Mullimuc rigardas tiun, por gxi novan cxirkauxajxon.
  cxirkauxajxo周囲・近傍
子猫は新しい場所を見ます。

Gxi rimarkas kelkajn musojn, kiuj sxtelante formangxas grenon.
数匹のネズミが穀物を盗み食いしているのを目にします。

Grajnon post grajnon.
  grajno穀物の粒
つぎつぎに。

Jen!
ほら!

Per giganta salto, la kato atingas unu el tiuj impertinentaj rabistoj kaj energie kaptas gxin.
  Impertinenta無礼な・無作法な
猫はその無礼な盗人の1匹におどりかかり、しっかりつかまえます。

Bestoj, nun kontentaj, rakontas:
動物たちは、いま満足して言います:

“La kato Muc kaptis muson!”
「猫のムツがネズミをつかまえた!」

Percipe abeloj, kiuj ja observes tiun kaptadon, diszumas tiun novajxon.
この捕獲劇を見ていた蜜蜂たちはとくに、この知らせに羽音を静めます。

Ek de tiu okazo cxiuj bestoj, kaj abeloj, kaj cxevalo, kaj kokoj, kaj bovo, kaj sxafo, kaj anaso, kaj ansero, kaj hundo kaj ecx kokido nun amas Mullimucon, sciante, ke el katido farigxis adolta kato.
それ以後は、子猫のムリムツが一人前の猫になったのを知って、蜜蜂も、馬も、鶏も、牛も、羊も、アヒルも、ガチョウも、犬も、鶏のひなまで、すべての動物が彼を好きになります。

Tial tenu en memoro: kiu spertis tion, cxu juna aux maljuna laux jaroj:
sperti経験する・学ぶ
▲だから、それを体験した者は、年齢的に若いか年寄りかを、覚えておいてください:

Kiu utile agas en vivo, antaux tiu oni volonte demetas la cxapelon.
  utile有用に,  agi行動する、volonte自発的に、demeti la cxapelon帽子をぬぐ
生活のなかで役にたつ振舞をするものは、だまっていても人に尊敬されるのです。

FINO おわり
1月25日

261 6人組の世界旅行

261 6人組の世界旅行
261 6人組の世界旅行




Vivis iam soldato, kiu post longaj jaroj da brava dejxorado ricevis eksigon kaj krome nur tri helerojn elspezojn.
あるとき兵士がいました。彼は長年勇敢に職務を果たしたあと、5ヘレルだけ渡されて解任されました。

“Atendu”, li diris, “tio ne placxas al mi;
「待ってろよ」と彼は言いました、「これは気に入らぬ。

Se mi trovos tauxgan kamaradojn, mi devigos regxon, doni al mi trezoron de sia tuta regno.”
適当な仲間が見つかれば、王から全国の宝物をまきあげてやる」

En arbaro li renkontis viron, kiu elsxiris arbojn kvazaux trunketojn.
森で男に出会いました、彼は木々をまるで草のように引き抜いていました。

Soldato diris:
兵士は言いました:

“Vi evidente estas la gxusta, cxu vi akompanus min?”
「君はまことにふさわしい人物だ、僕についてこないか?」

Tiu konsentis:
彼は同意しました。

“Duope ni certe trairos tutan mondon.”
  -op~人組・~人連れ、 certeたしかに・きっと、 trairi通り抜ける
「2人連れなら問題なく世界中を通れる」

Baldaux ili renkontis cxasiston kaj ili demandis:
cxasisto狩人・ハンター
まもなく彼らは狩人に出会いました、そして彼らは訊きました:

“Kion vi celas?”
  celi狙う・目標にする
「何を獲ってるのですか?」

“Sinjoro, du mejlojn de cxi tie sidas musxo.”
「2マイル向こうに蠅が居るんです」

Soldato diris:
兵士は言いました:

”Vi bon volu akomapni nin, triope ni certe trairos tutan mondon.”
「僕らと一緒になりませんか、3人組なら問題なく世界中を通れる」

Ili atingis sep vento-muelejojn, kies veloj rapide turnigxis, kvankam blovis neniu ajn vento.
vento-muelejo風車、velo風車の羽・帆、
彼らは7つの風車に到達しました、その羽は風もないのに勢いよく回っていました。

Du mejloj de tie ili trovis iun, kiu blovis per nur unu naztruo.
其処から2マイル離れたところに、たった1つの鼻の穴で風を吹き出している男を見つけました。

Ankaux li kun-iris.
彼も一行にくわわりました。

Post iom ili ekvidis iun, kies unu gambo estis alligita supren.
しばらく行くと、片方の足を上腿にしばりつけた男を見つけました。

“Mi estas kuristo,” li diris, “kaj tion mi nur faris, por ke mi ne kuras pli rapide ol birdo flugas.”
「僕は競争選手です」と言いました。「そして、鳥が飛ぶより速く走らないために、こうしているのです」

“Akompanu nin”, diris soldato.
「僕たちと一緒においで」、と兵士は言いました。

Post nelonge ili renkontis iun, kiu portis sian cxapeton tre auxdace.
auxdacaずぶとい・むこうみずな
しばらく行くと、彼らは帽子を斜めにかぶった男に出会いました。

“Se mi portus gxin korekte, venus fortega frosto.”
  fortegaめっちゃ強い、frosto厳寒・凍てつく寒さ
「ちゃんとかぶると、どえらい酷寒になるんだ」

“Estu nia samvojano, se ni ses agos kune, nin nenio spitos.”
  -an集団の構成員、samvojano同じ旅仲間、agi行動する、spitiさからう・たてつく(← in spite ofのspite)
「一緒に行きましょう、6人で動けば誰も逆らえないよ」

La ses kamaradoj enmarsxis urbon, kies regxo estis proklaminta, ke tiu, kiu regxan filinon venkos en kuro-konkurso, edzinigu sxin.
6人の仲間は街の中へ進みました、その王様は布告したところでした。「競走で王の娘に勝てば、彼女を妻にもらえる。

Alikaze li perdus sian kapon.
  perdi kapon頭を失う
さもなければ、首をはねられる」と。

Soldato anoncis sin, sed kurigis kuriston.
  anoncisin申し出る、kuri走る、kurigi走らせる
兵士は申し出ましたが、競走選手を走らせました

Venkus tiu, kiu unue alportis krucxon plena da akvo, de malproksima puto.
  unue最初に、krucxoつぼ・かめ
遠くの井戸から水を満たした甕を最初に運んで来た者が、勝ちです。

Kuristo ecx ne deligis sian duan gambon.
  ecxさえ、ligi結ぶ、deligiほどく、dua2つ目の
競走選手は縛っていた片方の足をほどきさえしませんでした。

Kiam princino estis trapasinta nur kelkajn pasxojn, kuristo jam ne plu estis videbla.
  trapasi通り抜ける
王女が数歩進んだとき、。競走選手の姿はもう見えませんでした。

Atinginte puton li cxerpis suficxan akvon kaj tuj returnigxis.
  cxerpi汲む
井戸に着き、水をたっぷり汲み、すぐに折り返しました。

Kurinte reen, post duona vojstreko li lacigxis.
reen元へ戻って, duona半分の、streko線、lacigi疲れさせる、 lacigxi疲れる
復路の半分をを走ったところで、彼は疲れました。

Demetinte sian krucxon li kusxigis sin sub pomarbon komenconte trankvile dormi.
甕を置いて、林檎の木の下で横になり、穏やかに眠り始めました。

Intertempe princino ankaux atingis puton.
そのうちに王女も井戸に着きました。

Kun plena krucxo kurinte reen, sxi rimarkis la dormantan kuriston kaj per piedbato sxi renversis ties krucxon.
bato打つ,  renversiひっくり返す
水でいっぱいの甕をもって復路を急いでいた彼女は、眠っている競走者に気ずき、足でけって甕をひっくり返しました。

Poste sxi gaje dauxrigis sian kuron hejmen.
そしてほがらかに復路をいそぎました。

Nun cxio sxajnis perdita.
いまや万事オワリに見えました。

Sed cxasisto per siaj akraj okuloj vidis cxion.
しかし猟師はその正確な目ですべてを見ていました。

Pensante: ‘Tiu regxa filino ne venku kontraux ni’, li pafis pomarbon.
「王女に僕らを打ち負かせてはいけない」と考え、林檎の木に息を吹きかけました。

Li trafis tiel lerte, ke pomo falis rekte sur nazon de dormanto.
上手く吹きつけたので、林檎が眠っている男の鼻のま上に落ちました。

Tiu, ekvekinte vidis malplenan krucxon, deligis sian alain gambon, kaj urgxis reen al fonto.
  reen元へ戻って、deligiほどく
目を覚ました彼は、からっぽの甕を見て、足の紐をほどき、井戸へいそぎました。

Tuj cxerpinte akvon li atingis celon ecx antaux regxa filino.
すぐに水を汲み、王女より前にゴールに着きました。

Pro tio regxo kaj filino sentis sin ofenditaj.
  odendi傷つける・感情を害する
そのため王と王女は、気を悪くしました。

Tial ili interkonsiligxis, kiamaniere ili povus forigi kaj soldaton kaj ties kamaradojn.
  tialだから・したがって,  interkonsiigxi協議する、forigi遠ざける
そこで二人は、兵士とその仲間たちをどうすれば追い払えるかを相談しました。

Regxo posedis cxambron, ties muroj, plafono kaj planko estis fera.
  fero鉄
王様は壁も天井も床も鉄でできている部屋をもっていました。

Tien li invitis ilin por bankedi.
bankedo宴会
その部屋へ王は彼らを宴会に招きました。

Post ilia enveno li ordonis, ke pordo estu fermata kaj riglata.
  enveni入ってくる、rigli閂をかける
彼らが部屋に入ると、王は扉を閉めて閂をかけるように命じました。

Kuristo devis hejti la cxambron, gxis fero komencis ardi.
  hejtado暖房、hejti暖める、ardi燃え盛る・白熱している
▲競走者は、鉄が白熱するまで部屋を暖めなければなりませんでした。

Samtempe helpantoj alportis grandan amason da ligno.
  helpanto助手, amaso多数・大量、ligno木材
同時に助手たちが多量の木材を運んできました。

Kaj al ses kamaradaoj iom post iom farigxis varmega.
そして6人の仲間たちに、だんだん熱くなりました。

Kiam varmeco troigxis kaj ili trovis pordon fermintan, ili konstatis ke regxo intencis malbonajxon.
  troigo誇張、troigi過大に見積もる・誇張する,  malbonajxo悪事、-ajx事物
過熱がひどくなり、閉められた扉に気づいたとき、王が悪事を企んだことが分かりました。 

“Tion li ne sukceoss”, parolis tiu kun cxapeto, venigante fortegan froston.
venigi呼び寄せる・来させる
「思うようにはさせないぞ」、強い酷寒を呼び寄せながら、帽子をかぶった男が言いました。

Post kelkaj horoj regxo ordonis malfermi pordon.
数時間後、王は扉を開かせました。

Kiam la ses kameradoj elvenis gajaj kaj sanaj, kaptis regxon timo kaj teruro.
  timo kaj teruro恐怖
6人の仲間が朗らかに元気に部屋から出てきたとき、王は恐怖に捕えられました。

Nun li denove sercxis rimedon, forigi siajn ses gastojn.
今や王は改めて、6人の客人を立ち去らせる方法をさがしました。

Li propones: “Se vi rezignos pri mia filino, vi rajtos preni tiom da oro, kiom ajn vi sukcesos porti.
王は提案しました:「もし貴方が私の娘をあきらめてくれるなら、貴方が運べるだけの金を差し上げよう」

Nun venis fortulo kun monstra sako, per kiu li forportis tutan regxn trezoron.
  monstro怪物, monstra並外れた大きさの
今度は、王の財宝すべてを持ち去れるバカでかい袋を持った強い男が出てきました。

Kiom regxo rimarkis, ke nur unu viro forportis cxion, li posten sendis sian tutan armeon, por ke gxi reprenu trezoron.
  kiom~の限りでは, repreni取り戻す、posten後ろの方へ
たった1人の男だけがすべてを運び去っているのを見た王は、お宝を取り戻すために彼の全軍を送りました。

Du husar-regimentoj baldaux atingis la grupon.
  husaro軽騎兵、regimento連隊
まもなく2つの軽騎兵連隊がその集団に追いつきました。

“Kion vi diris?
「何だと?

Ni estus kaptitoj?” ridis blovulo, “prefere vi dancos tra aero!”
  kapti捕える、kaptito捕虜, blovi吹く、-ul人
僕らが捕虜だって?」、吹き男は笑いました、「むしろお前たちが空中で踊るんだな!」

Kaj, ferminte unu nazotruon, per alia li blovis tielmaniere kontarux ambaux regimentoj, ke ili turnigxadis en aero.
  Turnigxi回る
そして鼻の穴の1つをふさいで、もう片方の鼻の穴から2連隊に向けて息を吹きつけたので、彼らは空中で
ひっくり返りました。

Restis nur unu cxefsergxento, kiu krocxinte sin al arbeto, kriante petis kompaton.
cxefsergento曹長, krocxiひっかける・つなぐ
小さい木につかまった、1人の曹長だけが残り、お情けを乞うて叫びました。

Blovinto komisiis lin raporti al regxo, ke, se tiu nur sendu pli da husaroj, li cxiujn blovus en aeron.
  komisi任せる・あづける
吹き男は王に報告することを彼に任せ、もしさらに多くの軽騎兵を派遣するなら、全員を空中に吹き飛ばすと
伝えさせました。

Cxefsergxento laux ordono raportis al sia regxo.
曹長は言われたとおりに王に伝えました。

Tiu, lamentante pri siaj perditaj regimentoj kaj trezoroj fine svenis.
  sveni気絶する
王は2連隊と財宝を失った悲嘆のあまり、気絶してしまいました。

La sesopo kun plezuro formigris, portis sian trezoron hejmen, dividis gxin inter si kaj la civitanoj, gaje vivanta ankoraux mulatajn jarojn.
  -op組・連れ、formigri遍歴して去る、civitano市民・国民
6人組は大喜びで遍歴し、家へ宝物を持って帰り仲間で分配し、まわりの人々にもおすそ分けして、長年楽しく暮らしました。
おわり

260 アリババと40人の盗賊(2)

259  アリババと40人の盗賊(1)
260 アリババと40人の盗賊(2)




Sed li ne intencis denove viziti tiun kavernon, cxar li ja timis rabistojn.
しかし彼はまたその洞窟を訪れる気はありませんでした、盗賊どもが怖かったからです。

Tial li nur flustris sorcxovortojn en frataj orelon, tiam li lasis lin sola.
  tialそれ故に・従って・だから,  tiamその時・すると、lasi残して行く
だから彼は兄の耳に魔法の言葉をささやくだけで、兄を1人残して立ち去りました。

Ricxa frato per sorcxovorto malfermis kavernon.
金持ちの兄は魔法の言葉で洞窟を開きました。

Absolute ravita li tie ekvidis stakojn da brilaj ricxajxoj.
raviうっとりさせる・心を奪う, tie其処に、stako積み重ね・山
すっかり夢心地の彼は、其処に輝かしい宝物を見つけました。

Nun li ecx ekvidis grandan keston plena da oraj moneroj.
つぎに彼は金貨で一杯の大きい箱をみつけました。

En lia avido li ne rimarkis, ke intertempe la elirejo estis ferminte sin.
宝物に眼がくらんで、彼は洞窟の出口が閉まったのに気づきませんでした。

Li komencis stakigi multajn da tiuj valorajxoj, cxar li ja intencis, per ili sxargxi siajn dek azenojn por iri hejmen.
10頭のロバで家に持って帰ろうと思ったので、彼は多くの宝物を積み重ね始めました。

Cxesinte kolelti, li deziris iri eksteren, sed ankaux post longa cerbumado li devis konstati, ke li forgesis sorcxovorton.
  cxesiやめる、cerbo脳、cerbumi頭を使う・真剣に考える、
集め終わって外へ出ようとしましたが、いくら考えても魔法の言葉を思い出せませんでした。

Intertempe revenis la kvardek rabistoj.
そのうちに40人の盗賊たちが戻ってきました。

Tuj konstatinte, ke iu malkasxis ilian sekreton, ili rapide kuris en kavernon por kapti tiun gaston neinvititan.
すぐに誰かが彼らの秘密を明るみに出したと知って、洞窟のなかへ大急ぎで走り、この招かれざる客を捕えました。

Kiam subite malfermigxis kaverno kaj antaux gxi staris kvardek rabistoj, tiel ektimis frato ricxa, ke li, falinte sur genuojn, petis kompaton.
  kompato憐み・同情
突然洞窟が開いてその前に40人の盗賊が立ったとき、金持ちの兄は怯えてひざまづき、命乞いをしました。

Sed rabistoj, kiuj ja devis timi, ke li rivelus la sekreton de kaverno, katenis kaj kunprenis lin.
riveli=reveal, kateniかせをはめる,  kunpreni連れて行く
しかし盗賊たちは彼が洞窟の秘密をばらすのを恐れて、彼を縛って連れて行きました。

Sed Ali baba, konstruinte por si mem belan domon, estonte vivis felicxe kaj kontente.
  estonto未来・将来
しかしアリババは美しい家を建て、そのあと幸せに満足して暮らしました。

Kaj cxiam, kiam povrulo petis helpon, Ali Bba subtenante konsentis.
  subteni支援する・支持する、 konsenti同意見である・了承する
そして哀れな人が助けを求めたときには、いつも助けてあげました。
おわり
1月23日

259  アリババと40人の盗賊(1)

259  アリババと40人の盗賊(1)
259  アリババと40人の盗賊(1)




Antaux longa tempo en oriento vivis du fratoj, ricxa kaj malricxa.
むかしむかし、東方に金持ちと貧乏な2人の兄弟が住んでいました。

Malricxulo nomigxis Ali Baba.
貧しい弟はアリババという名前でした。

Cxiu matene li rajdis per sia azeneto en montaron, por kolekti lignon.
  monto山、-ar全体、montaro山脈、ligno材木
毎朝、彼は自分の小さいロバに乗って薪を集めるために山に行きました。

Iutage li erariris en senvojan, sovagxan cxirkauxajxon.
  erari間違える、iri行く, erariri道に迷う、senvoja道のない、sovagva未開拓の、cxirkauxajxo近傍・周囲
ある日、彼は道のない山の中で迷ってしまいました。

Jxus kiam li estis liginte azenon al arbo, li auxdis hufofrapadon.
  ligiつなぐ, -int~した・してしまった、hufoひずめ、frapado繰り返し叩くこと
ちょうど彼がロバを木につなだときに、彼は馬の駈けてくる蹄の音を聞きました。

Rapide li grimpis sur arbon, por rigardi, kio okazos.
何がおこるのかを見るために、彼は急いで木に登りました。

Kun terurego li vidis, ke alvenis multaj rabistoj kun plene sxargxitaj cxevaloj.
teruro恐怖、-eg大きい, sxargxi充填する・装填する、-it~された
恐れおののきながら、山盛りの荷物を載せた馬どもを連れた多くの盗賊が到着したのを彼は見ました。

Nun ili haltis gxuste sub tiu arbo, sur kiu Ali Baba kasxis sin.
kasxis sin自身を隠した
いま彼らはアリババが隠れていた木の真下に止まりました。

Post kiam tiuj rabistoj demetis iliajn sxtelajxon de siaj cxevaloj, rabista kapitano starigis sin antaux roka vando dirante: “zezam malfermigxu”.
  vando=septo=隔壁、starigxi sin立つ
これらの盗賊たちが彼らの盗品を馬どもから降ろした後、盗賊の首領は岩の隔壁の前に立って「開け、ゴマ」、と言った。

Mirante Ali Baba vidis, kiel roko malfermigxis kaj kiel rabistoj, urgxe portinte siajn trezorajxojn en kavernon sen prokrasti rajdis for.
  urgxe緊急に・火急に, prokrasti延期する・遅らせる
どのように岩が開き、どのように盗賊たちが大急ぎで自分たちのお宝を洞窟の中へはこび、ただちに馬で駈け去ったかを、アリババは目を丸くして見ました。

Ali Baba tre gxojis, ke li restis nerimarkita.
  nerimarkita人に気づかれない
見つからずに済んだので、アリババは非常に喜びました。

Nun li ecx sensis fortan deziron, inspekti tiun strangan rabistan kavernon.
今や彼は、盗賊のこの不思議な洞窟をしらべようという強い欲望をさえ感じました。

Apenaux li estis dirinta: “zezam malfermigxu” tuj kaverno estis malferma.
彼が「開けゴマ」というや否や、その洞窟は開きました。

Kun granda miro li vidis, kian abundan ricxajxon rabistoj sxtelinte kolektis.
盗賊たちが盗んで集めたなんと豊富なお宝を、彼は肝をつぶして眺めました。

Post kiam Ali Baba satrigardis sin en rabista kaverno, li prenis tri saketojn da oraj moneroj por ke li per ili gxojigi sian edzinon.
sat-: 満足のゆくまで、sata満腹の、per ili=per la oraj moneroj
アリババは盗賊たちの洞窟の中で飽きるまで見たあと、妻を喜ばすために金貨の入った3つの小さい袋を手に取りました。

Lia edzino tre gxojis pri tiu multa orajxo, tuj komencante nombri sian ricxajxon, sed tio estis pena laboro.
pri~に関して、oro黄金、-ajx事物・派生物、pena骨の折れる
細君はこの多くの金貨をとても喜び、さっそくお宝を数え始めましたが、これは骨の折れる仕事でした。

Pro tio sxi decides prunti busxelon cxe frato de Ali Baba.
  decidi決める、prunti借りる・貸す、busxelo穀物容積の単位 → それを測る枡
そのために彼女はアリババの兄の所で枡(マス)を借りることにしました。

Sed cxar tiu estis scivola, kion tiuj povruloj intencis mezuri, li anticipe sxmiris mielon en busxelon.
しかしこの男は、哀れな弟夫婦が何を測ろうとしているのか知りたくて、枡のなかに前もって蜜を塗りつけました。

Poste li transdonis gxin al sia bofratino.
そのあとで枡を義妹に渡しました。

Alian tagon kiam sxi estis redoninte busxelon, la ricxa frato trovis oran moneron en gxi, kiu algluigxis per kasxita mielo.
  alglugxi貼りつく・くっつく、 gluo糊・接着剤
翌日彼女が枡を返したとき、金持ちの兄は枡の中に金貨を見つけました。ひそかに塗っておいた蜜にへばりついていたのです。

Tuj li kuris al Ali Baba, minacante murdi lin per ponardo, se li ne rivelas, kiel li subite akiris tiom da oro.
  minaci脅迫する,  ponardo短剣
おっとり刀で彼はアリババの家へ走り、彼があんなに多くの金貨を突然どのようにして手に入れたのか、言わなければ殺す、と短剣で脅しました。

En mortotimo Ali Baba rakontis pri rabista kaverno.
  pri~に関して
死の恐怖にさらされて、アリババは盗賊の洞窟の話をしました

Sekvan matenon Ali Baba devis gvidi sian fraton kun dek azenoj al kaverno.
翌朝アリババは、10頭のラバを連れた兄を洞窟へ案内せねばなりませんでした。
1月22日

258 ルムペルスティルチョ(2)

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)
258 ルムペルスティルチョ(2)




Post unu jaro sxi naskis bebon.
1年後に彼女は赤ん坊を生みました。

Subite aperis vireto kiu postulis:
突然、小男が現れて要求しました。

“Donu al mi, kion vi promesis!”
「約束したものを、私にください!」

Sed regxino komencis plendi kaj plori.
しかし女王は訴えて、泣きはじめました。

“Bone”, diris vireto.
「よしよし」と、小男は言いました

“Mi atendos tri tagojn.
「3日だけ待ちましょう。

Se vi gxis tiam scias mian nomon, tiu bebo restu la via.”
もしそれまでに私の名前が分かったら、この赤ん坊はいまのまま」

Sekvantan tagon regxino menciis plej nekutimajn nomojn.
  mencii言及する・引き合いに出す
翌日、女王はもっとも風変わりな名前を告げました。

“Cxu vi eble nomigxas ‘Ripobestacxo aux Sxafosuro aux Ligokruso?”
「リポベスタチョ、シャフォスロ、リゴクルソ?」

Sed cxiam vireto respondis:
しかし小男はいつも答えました:

“Ne, tiel mi ne nomigxas!”
  tielそのように、 nomigxi~という名前である
「いや、ちがう!」

Regxino urgxe sendis heroldojn, kiuj devis informi sin pri cxiuj nomoj en lando.
  heroldo告知者・先触れ・伝令、 devi informi知らせなければならない
女王は緊急に伝令たちを送り、国中のすべての名前をしらべさせました。

Kiam vireto aperis duan tagon, sxi nombris cxiujn nomojn, kuijn sxi sciis.
2日目に小男があらわれたとき、女王は知っているすべての名前を数え上げました。

“Kasparo, Melchioro, Balthasaro…”
「カスパロ、メルキオロ、バルタサロ…」

Sed cxiufoje vireto respondis:
しかし毎度、小男は答えました:

“Ne, tiel mi ne nomigxas!”
「ちがいます、そんな名前じゃありません」

Trian tagon heroldo en arbaro kasxe auxskultis vireton, kiu saltadis cxirkaux fajro kriante:
3日目に伝令は木の中にかくれて、火のまわりをとび跳ねている小男の叫び声を聴いていました。

“Hodiaux mi bakas, morgaux mi faros jahurton, postmorgaux mi prenos regxinan infanon.
「きょう俺はパンを焼く、あす俺はヨーグルトをつくる、あさって俺は女王の子供をもらう。

Ho, kiel bone, ke neniu scias ke Rumpelstilcjo mi nomigxas!”
おお、俺の名前がルムペルスティルチョであることを誰も知らんとは、なんてすばらしいことか」

La heroldo tuj rerajdis al sia regxino por
raporti, kion li eksciis.
伝令は大急ぎで女王のもとへ馬を走らせ、聴いたことを報告しました。

Auxdinte tiun strangan nomon, sxi tre gxojis.
その奇妙な名前を聞いて、女王はとても喜びました。

Kiam vireto denove aperis, regxino demandis:
小男がまた現れたときに、女王は訊きました:

“Cxu vi eble nomigxas ‘Kunc’?”
「あなたの名前は、ひょっとしたらクンツ?」

“Ne!”
「いいえ!」

“Cxu vi nimigxas Heinc’?”
「ヘインツ?」

“Ne!”
「ちがいます」

“Aux cxu vi eble nomigxas Rumpelstilcjo?”
「ルムペルスティルチョかしら?」

“Tion la diablo malkasxis al vi!”
「悪魔が貴女にもらしたな!」

Kriante tion, vireto per piedo tiel forte surtretis teron, ke lia tuta gambo forsinkis.
  sinki沈む
小男はそう叫んで、地面を足で強く踏んだので片足がのめり込んでしまいました:

Kolere li ekkaptis sian alian piedon kaj tute dissxiris sin.
  kaptiつかむ、ekkaptiぱっとつかむ、sxiri無理に破損する、dissxiri引きちぎる
怒った彼は別の足をつかんだので、全身がちぎれてしまいました。
おわり

1月21日

257 ルムペルスティルチョ(1)

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)
257 ルムペルスティルチョ(1)





Vivis iam muelisto, kiu estis tre malricxa, sed li havis belegan filinon.
あるとき粉ひきが暮らしていました、ひじょうに貧乏でしたが、とても美しい娘を持っていました。

Por aspekti eminenta li jam parolis al regxo:
aspekti~のようにみえる、 eminenta高名な・名声や地位が高い」
偉そうに見えるために、彼は王様に話しかけました:

“Mi posedas filinon, kiu esta tiel lerta, ke sxi povas sxpini pajlon al oro.”
「私には娘がおります、とても器用で、藁を黄金につむぐことができます」

Regxo miris: “Tio estas arto, kiu tre placxas al mi.
  arto技能・技術・わざ
王様はおどろきました:「それは私にとても好ましいわざだ。

Morgaux mi atendos vian filinon en mia palace, tie mi ekzamenos sxin.”
あす宮殿でお前の娘を待っている。そこでしらべてみよう」

Kiam knabino envenis palacon, regxo gvidis sxin en cxambreton, kiu estis tute plena da pajlo.
少女が宮殿にやって来ると、王様は彼女を藁でいっぱいの小部屋へつれていきました。

Li sidigis sxin al radsxpinilo, postulante: “Komencu vian laboron!
彼女をつむぎ車にすわらせ、「仕事を始めろ!」、と要求しました。

Sed se gxis morgaux matene vi tiun pajlon ne sxpinis al oro, vi devas morti!”
しかし、もし明日の朝にこの藁をつむいで黄金にしていなかったら、お前は死刑だ!」

Nun la povra filino de muelisto izolite sidis en cxambreto, ne sciante kiel savu sian vivon.
  povra哀れな・malricxa,  izolita隔離された、 savi救う
粉ひきの貧しい娘は小部屋にひちりですわり、どうすればいいか分かりませんでした。

Gxis nun sxi ja neniam sxpinis tiamaniere, ke sxi baldaux komencis plori.
今までこのようにして紡いだことは一度もありませんでしたので、間もなく泣きはじめました。

Subite pordo malfermigxis.
突然、扉が開きました。

Envenis vireto demandante:
小男が中に入ってきて尋ねました:

“Muelista filino, kial vi tiel ploras?”
「粉ひきの娘さん、なぜそのように泣いているのですか?」

“Ahx, mi devas sxpini pajlon al oro, sed mi ja ne havas iun necesan sperton”, respondis knabino.
「ああ、藁を黄金に紡がなければならないのですが、私はそういう技能をもっていません」、と少女は答えました。

“Kion mi ricevas, se mi anstatauxas vin?” demandis vireto.
「もし貴女の代わりになってあげたら、何をくれますか?」、と小男は訊きました。

Senvorte knabino demetis sian kolrubandon kaj donis gxin al li.
だまって少女はネックレスをはずし、彼に渡しました。

Vireto prenis sxpinilon kaj: sxnurrr, sxnurrr, sxnurrr; - bobeno unu estis plena.
小男は糸巻器を手にとりました:シュヌルルル、シュヌルルル、シュヌルルル; 1つの糸巻はいっぱいになりました。

Vireto prenis duan bobenon kaj sxnurrr, sxnurrr, sxnurrr, - ankaux gxi estis plena
小男は2つ目の糸巻を手に取り、シュヌルルル、シュヌルルル、シュヌルルル、それもいっぱいになりました。 

Kiam suno levigxis, cxiu pajlo estis sxpinita al oro.
太陽が昇ったとき、藁は紡がれて黄金になっていました。

Kiam la regxo vidis tion, li tre gxojis.
王様はこれを見て大喜びでした。

Sed lia profunda avideco postulis pli da oro.
しかし強欲にもっと多くの黄金が欲しくなりました。

Pro tio li gvidis tiun knabinon povran en pli grandan cxambron, denove ordonante:
そのために王様は哀れな少女を前よりは大きい部屋につれて行き、改めて命じました:

“Se vi amas vian vivon, gxis morgaux matene, vi cxiom sxpinu al oro!”
  cxiomすべて
「命が惜しければ、明日の朝までに全部の藁を黄金につむげ!」

Sen konsilo kaj sen helpo, knabino denove komencis plori.
  konsilo忠告・助言、helpo助力・手伝い・援助
助言も援助もなく、少女はまた泣きはじめました。

Aperis la vireto demandante:
小男が現れて訊きました:

“Kion vi nun donas al mi, se mi sxpinas ankaux tiun pajlon al oro?”
「もしこの藁も黄金に紡いだら、何をくれますか?」

Cxifoje knabino fordonis sian fingro-ringon.
少女は、こんどは指輪をはずして小男に与えました。

Vireto, preninte gxin, tenis sxpinilon kaj sxnurrrm sxnurrr, sxnurrr, - baldaux cxiu pajlo estis brila oro.
  preni=take, -int~した・してしまった
小男はそれをうけとり、糸紡ぎ機を持って シュヌルルル、シュヌルルル、シュヌルルル 間もなくすべての藁はピカピカの黄金になりました。

Denove, kiam matenigxis, regxo venis en cxambreton.
朝になると、また王様が部屋に来ました。

Kiel antauxe, li gxojis pro tiom multe da oro.
前と同じように、こんなに多くの黄金に王様は大喜びしました。

Kaj pli kreskis sia pro-ora avideco.
  kreski成長・増大する、pro-oro黄金を手に入れたい、avideco強欲
そして王様の黄金欲は、さらに大きくなりました。

Cxifoje li gvidis knabinon en kameron ankoraux pli grandan.
王様は今度はもっと大きい部屋に少女をつ連れて行きました。

Tie li parolis:
其処で王様は言いました:

“Cxiom da tiu pajlo, dum tiu nokto vi sxpinu al oro!
「この藁ぜんぶを、今夜中に黄金に紡げ!

Kondicxe ke vi sukcesos, mi geedzigxos kun vi.”
  kondicxe ke~を条件に
お前がやり遂げたら、お前を妻にしよう

Trian fojon aperis vireto flustrante:
3度目に現れた小男はささやきました:

“Kion vi donas al mi por ke mi helpu vin?”
「貴女を助けたら、何をくださいますか?」

“Mi ne plu posedas ecx ion”, plendis knabino.
「私はもう何も持っていません」、と少女は訴えました。

“Tiukaze vi promesu, ke mi ricevos vian unuan regxinan infanon”, postulis la vireto.
「それなら、貴女が女王になって生む最初の子供を私にくださると、約束してください」、と小男は要求しました。

Pro granda mizero sxi konsentis.
  Mizero悲惨
ひどく惨めな気持ちで少女は同意しました。

Kiam matenigxis, vireto estis sxpininta cxion pajlon al oro.
朝になると、小男はすべての藁を紡いで黄金にしていました。

Regxo plenumis sian promeson.
王様は約束を守りました。

Li arangxis nupton kun muelista filino kaj sxi farigxis regxino.
王様は粉ひきの娘と結婚し、彼女は女王になりました。
1月20日

256 ブーツをはいた雄猫(2)

255 ブーツをはいた雄猫(1)
256 ブーツをはいた雄猫(2)




Iun tagmezon virkato vizitis sian amikinon Murri.
ある日、雄猫は女友達のムッリを訪ねました。

Sidante en kuirejo gxi purigis sin.
  purigiきれいにする
台所にすわって雌猫は身づくろいをしていました。

“Regxo kaj princino hodiaux veturos al lago,” gxi babilis.
「王様と王女さまが今日、湖へ行かれます」と雌猫は言いました。

Apenaux virkato auxdis tion, gxin kaptis ideo.
それを聞いた雄猫に、ある考えが浮かびました。

Rapide gxi forsaltis.
大急ぎで雄猫は跳び去りました。

Gxi rekte kuris al sia maestro.
雄猫はまっすぐご主人の所へ駈けつけました。

“Nun estas decida tempo”, gxi diris.
「今が決定的瞬間です」と雄猫は言いました。

“Se vi deziras farigxi grafo, akompanu min al algo kaj vin banu tie.”
「伯爵になりたければ、わたしと一緒に湖に行って、水浴びしてください」

Knabo, jam kutimigxinte al strangaj manieroj de sia kato, bonvole sekvis gxin.
少年は、すでに雄猫の奇妙なやり方に慣れていましたので、快く雄猫について行きました。

Alveninte cxe lago knabo senvestigis sin, kaj saltis en akvon.
湖に着いた少年は服をぬいで、水に跳びこみました。

Virkato tuj kasxis lian veston.
雄猫はすぐ彼の服をかくしました。

Jam venis regxo.
まもなく王様が来ました。

Virkato kriante eklamentis:
雄猫は悲しい声で叫びました:

“Helpu! Mia maestro, la grafo, banis sin en lago, kaj intertempe sxtelistoj forrabis cxiun lian veston.
sxtelisto泥棒、 forrabi奪い去る
「助けてください! ご主人の伯爵さまが湖で水浴びなさっているあいだに、泥棒どもが服をかっさらってしまいました。

Helpu! Helpu!”
「お助けを! お助けを!」

Haltiginte sian kalesxon, regxo ordonis al ministro, demeti sian veston por pruuntedoni gxin al garfo.
  pruntedoni貸し与える
馬車をとめた王様は、大臣に服をぬぐように命じ、それを伯爵に着せました。

Poste regxo invitis tiun elegante aspektantan knabon en kalesxon, sidigante lin apud princino.
そのあと、このエレガントにみえる少年を馬車に招き、王女の横にすわらせました。

Princino trovis tiun ideon oportuna.
王女はそれを喜びました。

La bubo placxis al sxi.
  buboやんちゃ子、腕白小僧
その少年が彼女に気に入ったのでした。

Intertempe virkato jam estis urgxinte antauxen.
その間に雄猫は、すでに先を急いでいました。

Sur vasta herbejo li demandis kamparanojn, al kiu tiu pasxtejo apartenas.
広い野原で雄猫は農夫たちに、この牧草地は誰のものかと訊きました。

“Gxi apartenas al Soecxisto.”
「魔法使いのものさ」

Virkato postulis:
  postuli要求する
雄猫は言いました:

“Tuj venos regxo, al li vi devas respondi:
「すぐ王様が来る、あんたらは王様に答えなければならない:

>Tiu herbejo apartenas al la grafo.<
“この野原は伯爵さまの土地です”と:

Alikaze al vi okazos malbono.”
さもないと、お前たちに凶事がおこるぞ」

Kamparanoj jestis, cxar ili supozis, ke siorcxisto estis transformigxinte al kato.
農夫らは、てっきり魔法使いが猫に変身したものと思ったので、それを承諾しました。

Poste virkato atingis grenan kampon.
つぎに雄猫は穀物畑に来ました。

Lian demandon falcxistoj respondis:
  falcxi(穀物を)刈る
雄猫の質問に農夫たちは答えました:

“Kampo apartenas al sorcxisto.”
「畑は魔法使いのものです」

Sed virkato ordonis:
しかし雄猫は命じました:

“Kiam venas regxo, vi diru:
「王様が来たら、お前たちは言うのだ:

“Kampo apartenas al garfo”, alikaze al vi okazos malbono.”
“畑は伯爵さまのものです”、 さもないと、お前たちに凶事がおこるぞ」

Finfine gxi atingis arbaron grandegan.
さいごに雄猫は巨大な木にたどりつきました。

Arboj-hakistoj diris:
樵たちはいいました:

“Arbaro apartenas al sorcxisto.”
「木は魔法使いのものです」

Ankaux al ili virkato ordonis:
かれらにも雄猫は命じました:

“Tuj venos regxo, al li vi diru:
「すぐ王様がやってくる、お前たちは王様に言え:

“Arbaro apartenas al garfo.”
<木は伯爵さまのものです>、と。

Alikaze al vi okazos malbono!”
さもないと、お前たちに凶事がおこるぞ」

Nun virkato atingis palacon de socxisto.
雄猫は今、魔法使いの御殿に来ました。

“Kiu vento blovis ecx vin cxi tien?” miris la maljunulo.
  blovi吹く
「何の風がお前を此処へはこんできたんだ?」と、老人は驚きました。

Virkato diris:
雄猫は言いました:

“Onidiro aludas, ke vi povus transformigxi al cxiu ajn besto.
  onidiro噂・世評、 aludi暗示する・それとなく言う
「貴方はどんな動物にでも変身できるんだそうですね。

Cxu ankaux al elefano?”
象にもなれますか?」

Sorcxisto ridis, kaj per “ek!” li farigxis elefanto.
魔法使いは笑って「エイッ!」というと、象になりました。

“Brave”, lauxdis virkato.
「すばらしい!」と雄猫はほめました。

“Sed cxu vi povas ankaux sxangxigxi al leono?”
「でも、ライオンにもなれますか?」

Denove sorcxisto ridis, kaj per “ek!” terure roranta leono trovigxis em cxambro.
また魔法使いは笑って、「エイッ!」というと、ライオンになりました。

Kato sxajnigis tre ektimigita.
  sxajnigiふりをする
ネコはとても怖がったようなフリをしました。

“Tio ja estas nekredebla, sorcxista mosxto, sed mi pripensas profunde, tiuj bestoj ja estis suficxe garandaj.
「信じられません、閣下、でも象やライオンは大きすぎます。

Cxu vi povus ankaux transformigxi al museto tre malgarnda?”
とっても小さいマウスにもなれますか?」

Apenaux kato demandis tion, jam kuris eta muso sur planko.
猫が言い終わらないうちに、小さいマウスが床を走りました。

Fulmrapide kato alsaltis kaj formangxis gxin.
電光石火の速さでネコは躍りかかり、それを食べてしまいました。

Kiam regxa kalesxo atingis placon, virkato jam staris apud pordego.
王様の馬車が広場へ来たとき、雄猫はもう大門のそばに立っていました。

“Bonvenu en placo de mia grafa Mastro!”
「私のご主人・伯爵さまの広場へ、よくいらっしゃいました!」

Regxo mirante diris:
王様は驚いて言いました:

“Fekundan herbejon, plenan, grenan kampon, grandan arbaron vi posedas, sinjoro grafo.
「肥沃な平原、穀物でいっぱいの畑、巨木を貴方はお持ちだ、伯爵。

Vi evidente estas tre ricxa!
貴方は大金持ちだ!

Filo de muelisto pri tio ne interesigxis.
粉ひきの息子は、そういうことに無関心でした。

Preninte manon de princino li gvidis sxin en salonegon.
彼は王女の手をとって、大サロンへ連れて行きました。

Sekvantan tagon ili festis geedzigxon kaj vivis felicxe kaj kontente.
次の日、2人は結婚し、幸せに満足して暮らしました。

Virkato dumtage kaptis musojn, kaj nur dimancxe li promenis per siaj botoj.
雄猫は昼間マウスどもを獲り、日曜にだけブーツをはいて散歩しました。
おわり。
1月19日

255 ブーツをはいた雄猫(1)

255 ブーツをはいた雄猫(1)
255 ブーツをはいた雄猫(1)
(Virkato botita)





Vivis iam muelisto kun tri filoj, azeno kaj virkato.
あるとき製粉業者が3人の息子、ロバ、雄猫と暮らしていました。

Kiam muelisto mortis, plej agxa filo heredis muelejon, meza filo ricevis azenon;
製粉業者が死んだとき、長男が製粉所を相続し、次男がロバをうけとりました。

kaj por plej juna filo nur restis virkato.
そして三男には雄猫だけが残されました。

“Trafis min malbone”, diris malgxoja tria filo al si mem.
「運が悪かったんだ」と悲しい三男は独り言を言いました。

“Mia plej agxa frato povas mueli, la meza povas rajdi sur azeno.
「長兄は粉を挽ける、次兄はロバに乗れる。

Mi nur povas farigi paron da peltaj gantoj el felo de mia kato.”
僕はネコの皮から毛皮の手袋をつくれるだけだ」

Virkato, auxdinte tiujn vortojn, parolis al sia maestro:
雄猫はその言葉を聞いて、主人に言いました。

”Bonvolu, lasi min vivanta.
「どうか命だけはお助けを。

Vi nur arangxu por mi paron da botoj, porke mi povu promeni.
私には、歩けるようにブーツを手配してください。

Tiam ankaux vi baldaux ricevos helpon.”
すると貴方も、まもなく助力をうけとるでしょう。

Knabo suficxe miris kaj, ke sia virkato kapablas parole, kaj pri ties peto.
少年は雄猫がしゃべれること、それに願い事をしたことにおどきました。

Sed cxar jxus preterpasis sxuisto li pripensis:
しかしちょうど靴屋が通りかかったので、彼は思案しました。

“Mi ja povus provi tion.”
「ためしてみよう」

Tiukaze por sia virkato li mendis paron da komfortaj botoj.
雄ネコのために快適なブーツを注文しました。

Kato surmetis siajn botojn.
ネコはブーツをはきました。

Poste gxi prenis sakon, plenigis gxin per greno, fermis gxin per sxnuro kaj metis gxin sur sxultron.
そのあと、ネコは穀物でみたした袋のクチを縄でくくり、肩にかついで

Tiam gxi elkuris pordon.
門をとび出しました。

Survoje virkato renkontis sian amikinon Murri, kiu estis regxa hejma kato.
途中で雄猫は友人の雌猫ムッリに出会いました、彼女は王様の家ネコでした。

“Vi aspektas triste”, diris virkato.
「悲しそうだね」と雄猫は言いました。

“Nia regxo ja tre sxatas mangxi perdrikojn”, gxemis Murri, “sed tiuj birdoj nuntempe kondutas tiel timeme, ke neniu cxasisto posedas lertecon kapti ilin,”
  gxemiうめく、lerteco巧みさ
「王様はヤマウズラを食べるのが大好きでね」とムッリは低い声で言いました。「ところがこのところ怖がって出てこないものだから、どの猟師も獲れないのよ」

Kurante arbaron virkato pensis:
森へ走りながら雄猫は考えました:

“Mi certe kaptos perdrikojn”.
「僕がきっとヤマウズラを獲ってやる」

En senarbejo gxi starigis sakon kiel tendon kaj dissxutis grenerojn.
木の無い場所に袋をテントのように立て、穀粒をまき散らしました。

El sxnuro gxi nodis masxon, kiun gxi kasxe metis en herbon.
縄から網糸を結び、その端を草の下に隠しました。

Gxi mem kasxis sin en arbusto.
彼自身も藪に隠れました。

Kaj atendis.
そして待ちました。

Baldaux alvenis perdrikoj.
まもなくヤマウズラがやってきました。

Komence unu, tiam du, poste pli kaj pli.
はじめに1羽、すると2羽、それからだんだん増えました。

Bekpikante grenerojn, ili hopis en sakon.
穀粒を嘴でつつきながら、鳥どもは袋の中へ跳びこみました。

Kiam gxi estis plena, virkato fermis masxon.
それがいっぱいになったときに、雄猫は網糸を閉じました。

Sxultrinte la pezan sakon gxi marsxis al regxa palace.
重い袋を肩にかついで、猫は王宮へ駈けました。

Regxo triste sidis sur sia trono.
王は悲しげに王座に座っていました。

Proksimigxante virkato gxentile diris:
近づいて雄猫はしとやかに云いました:

“Mia grafa maestro rekomendas sin al via majesta mosxto sendante cxi tiun sakon, plene da perdrikoj.”
  rekomendi勧告する、推薦する
「私の主人の伯爵が、ヤマウズラでいっぱいのこの袋をお届けして、陛下にご挨拶いたしております」

Regxo tre gxojis.
王は非常に喜びました。

Li donigis al virkato saketon da oraj moneroj dirante:
王は雄猫に金貨の袋を与えて言いました:

“Tiun oron transdonu al via maestro.
「この金貨をお前の主人に手渡せ。

Mi multoble dankas pro tiu donaco.
この贈り物には心から感謝する。

Nun adieux, mi dziras bongustigi al mi tiujn perdrikojn.”
さあ下がってよいぞ。私は此のヤマウズラの味を楽しみたい」

Virkato donis la oron al sia maestro.
雄猫はその金貨を主人に渡しました。

Tiu opiniis, ke li nur songxas.
主人は、夢ではないかと言いました。

Sed virkato rakontis la tutan epizodon pri perdrikoj fine dirante:
しかし雄猫はヤマウズラ捕獲の委細を語りました。

“Morgaux mi denove alportos perdrikojn al regxo, kaj vi farigxos pli ricxa.
「明日もう一度、ヤマウズラを王様に届けましょう、貴方はもっと金持ちになるでしょう」

Postan tagon, denove cxasinte, virkato portis sian kaptajxon al regxo.
翌日また狩りをして、雄猫は獲物を王様にとどけました。

Tiu ankaux cxi-foje premiis gxin per sako da oro.
  premio賞
王様は今度も金貨の袋を与えました。

Tiamaniere progresis tuta semajno.
このようにしてまる1週間が過ぎました。
1月18日

254 ホルレ夫人(2)

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)
254 ホルレ夫人(2)
訂正:昨日の番号 258 → 253




Same kiel fratino sxi vekigxis sur herbejo kaj atingis fornon el kiu vokis:
妹と同じように彼女は草原をすすみ、竈に着きました。其処から声が聞こえました:

!Ahx, eltiru nin, ahx, eltiru nin!”
「ああ、私たちを引き出してください、ああ、私たちを引き出してください!」

Sed sxi ne volis malpurigi sin kaj dauxrigis sian vojon gxis arbo, kiu vokis:
  purigi掃除する、malpurigo汚染
でも彼女は自分を汚したくありませんでした、そして歩き続け木に着きました、その木は呼びかけました:

“Ahx skuu min, ahx skuu min, cxiuj miaj pomoj jam maturigxis!”
「ああ、私を揺さぶってください、ああ、私を揺さぶってください、私の林檎どもはすでに熟しました!」

Sed cxar sxi timis, ke eble unu ja povus fali sur sxian kapon, sxi senhalte preteriris gxis sxi atingis domon de sinjorino Holle kaj tie tuj dungigxis.
しかし、ひょっとしたら林檎が自分の頭の上に落ちるかもしれないと思ったので、立ち止まらないで木の側を通り過ぎ、ホッレ夫人の家に到着し、其処ですぐに雇われました。

Dum unua tago filino laboris diligente, cxar sxi revis pri multe da oro, kion sinjorino Holle donacus al sxi.
1日目、彼女は勤勉に働きました、ホッレ夫人が暮れるかもしれない多くの黄金を夢見ていたからです。

Sed jam ekde dua tago knabino komencis pigri.
しかしすでに2日目から少女は怠け始めました。

Io tute ne placxis al sinjorino Holle kaj sxi tuj maldungis sxin.
なにか万事がホッレ夫人には気に入りませんでした、そしてすぐ彼女を解雇しました。

Sxi gvidis pigrulinon al garnda pordo, sed kiam knabino staris sube anstataux oro versxigxis sur sxin giganta kaldrono plena da
pecxo.
彼女は怠け女を大扉へ連れて行きました、しかし少女が立った時に、黄金の代わりにピッチでいっぱいの巨大な大鍋が
彼女の上に降りそそぎました。

“Jen via salajro, por via prigreco” diris sinjorino Holle sxlosante pordon.
「あんたの怠け賃だよ」とホッレ夫人は、扉に鍵をかけながら言いいました。

Tia pigrulino venis hejmen, tute kovrita per pecxo.
少女はピッチだらけになって家に帰りました。」

Koko kriis: “Kikerikiiiii Pecxo-Mariiie de niiii estas tie cxiiiiii!”
雄鶏が啼きました:「キケリキイイイイ 私たちのピッチ-マリイイエが此処オオオオに居る!」

Pecxo firme algluigxis, tiel forte ke oni ne povis forigi gxin dum sxia tuta vivo.
ピッチはしっかり貼りついていたので、死ぬまで消せませんでした。

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)
258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)





Iam vivis vidvino kune kun siaj du filinoj.
あるとき、寡婦が2人の娘と暮らしていました。

Unu filino estis bela diligentino.
1人は美しい勤勉な娘でした。

Alia filino estis malbela, stulta pigrulino.
  pigra=idle、 -ul人、 -in女
もう一人は醜く、アホの怠けものでした。

Sed patrino preferis sian pigrulinon.
しかし母親は、怠け娘の方が好きでした。

La unua, dum tuta tago auxdante nur insultojn, devis plenumi cxiujn laborojn.
第1の娘は、一日中罵られながらすべての仕事をせねばなりませんでした。

Cxiutage sxi devis sxpini gxis kiam sxprucis sango el siaj fingroj.
毎日彼女は、指から血が噴き出すまで紡がねばなりませんでした。

Tial foje okazis, ke bobeno sango-umigxis.
sango-umigxis:sango血、-um関係がある、igx~の状態に移行する(自動詞)
だから、あるとき糸巻に血がつきました。

Kiam knabino provis lavi gxin, bobeno subite falis en puton.
それを洗おうとしたときに、糸巻は突然井戸の中に落ちました。

Malfelicxa filino ploris.
不幸な娘は泣きました。

Sed sxia nekompatema patrino ordonis:
  kompato憐み・同情
でも無慈悲な母親は命じました:

“Vi faligis bobenon en puton, do, vi celu reporti gxin!”
  celo目標・目的
「お前は糸巻を井戸に落とした、だからそれを取り戻しなさい!」

Tiukaze knabino reiris al punto kaj, plena da plej granda timo, sxi saltis en puton por trovi bobenon.
  tiukazeその場合に
少女は井戸にもどり、恐怖に満ちながら、糸巻を見つけるために井戸にとびこみました。

Sxi svenis.
  sveno失神・気絶
彼女は意識を失いました。

* * *

Kiam sxi vekigxis, sxi kusxis sur bela herbejo, kie brilis suno kaj floris miloj da floroj.
彼女が目を覚ました時、彼女は美しい野原に横たわっていました、太陽が輝き無数の花が咲いていました。

Levigxinte, sxi scivole mirante komencis vagi.
  levigxo起床, scivolemo好奇心、miro驚き, vagado徘徊
起き上がり、好奇の眼で驚きながら彼女は歩き回り始めました。

Iam sxi trovis fornon, plena da panoj.
いつか彼女はパンでいっぱいの炉を見つけました。

Panoj vokis:
パンどもは呼びかけました:

“Ahx, eltiru nin, eltiru nin, ni jam finbakigxis!”
「ああ、僕らを引き出してください、僕らを引き出してください、僕らはもう焼きあがっています!」

Sxi aliris, prenis pansxovilon kaj eltiris cxiujn panojn, unu post alia.
  sxovi押し動かす・押し込む、-il道具
彼女は近づき、パン・シャベルを手にとり、1個ずつ、すべてのパンを引出しました。

Jam urgxis, preskaux panoj bruligxis.
  urgxeco緊急性、brulo燃焼
危ないところでした、パンはもう少しで燃え上がるところでした。

Sxi dauxrigis sian vagon kaj atingis arbon tre plena da pomoj.
彼女は歩き続けました、そして実でいっぱいの林檎の木にたどり着きました。

Arbo vokis:
その木が呼びかけました:

“Ahx skuu min, skuu min, cxuj miaj pomoj jam estas maturaj.”
「ああ、僕を揺さぶってください、揺すってください、すべてのぼくの林檎は熟しています」

Nun knabino skuis arbon ke pomoj falis kvzaux hajlo.
そこで少女は木を揺さぶり、林檎が霰(アラレ)のよう落ちました。

Sxi ordeme kunkolektis cxiujn.
彼女はきちんとすべてを拾い集めました。

Sur sia vojo sxi post iam atingis domon malgrandan.
彷徨の途上で、しばらくあとに彼女は小さい家に着きました。

El gxi rigardis maljunulino kiu diris:
それから老女が顔を出して、言いました。

“restu cxe mi, kara infano.
「私のうちで暮らしなさい、娘さん」

Se vi diligente plenumas laboron, vi fartaos bone.
まじめに仕事すれば、幸せに暮らせるよ。

Precipe vi forte skuu litokovrajxon gxis elflugos plumoj.”
まず、敷布を強く振ってちょうだい、羽毛がとび出すまで。

“Se vi tion faros bone, negxos en mondo, mi ja estas sinjorino Holle.”
それがうまくできたら、世界に雪が降るでしょう、私はホッレ夫人です」

Knabino akceptis dejxoron kaj cxiam forte skuis litajxon, gxis flugis plumoj.
少女は滞在することにきめて、いつも羽毛がとび出すまで敷布を強く振りました。

Cxie knabino fartis pli bone ol hejme.
至る所で少女は自宅でよりも良く振る舞いました。

Tamen sxi sentis nostalgion, dezirante hejmen.
しかし彼女はノスタルジーを感じ、家へ帰りたくなりました。

Pro tio sinjorino Holle sxin gvidis al pordego;
そのためにホレ夫人は少女を大扉へ連れて行きました;

tiu malfermigxis kaj enorma ora pluvo surfalis knabinon.
夫人は開きました、そして黄金の雨が少女へ降りかかりました。

“Tio estas salajro por via diligenta laborado.”
「それはあなたの勤勉な働きに対する報酬ですよ」

Dirante tion, sinjorino Holle ankaux redonis perditan bobenon.
そう言って、ホレ夫人は紛失していた糸巻も返しました。

Surprize knabino nun trovigxis proksime de sia hejmo.
驚いたころに少女は、いま自分の家の近くにいました。

Kiam sxi eniris korton, virkoko sidis sur puto kriante:
庭へ入ると、雄鶏が井戸の上にすわって鳴きました。

“Kikirekiii, Oro-Mariiie de niiii estas tie cxiiiiii!”
「キキレキイイ、私達イイイの黄金-マリイイエが此処コココに居る!」

Knabino detale rakontis siajn aventurojn.
少女は自分の冒険をくわしくを語りました。

Nun patrino nepre intensis ke tiu havu saman bonsxancon.
  intenso強さ、強度
いまや母親は必然的に、自分も同じ幸運を持ちたいと熱望しました。

Sxi devis sidigxi kun sxpinilo.
彼女は紡錘といっしょにに座らねばなりませんでした。

Por ke bobeno sango-umigxu, sxi pikis sian fingron kaj jxetis bobenon en puton.
  -um関係がある、 -igx自動詞化
糸巻に血がつくように、彼女は自分の指を突きました、そして糸巻を井戸の中へ投げました。

Kaj mem sxi saltis post gxi.
そして自分もそのあとで跳びこみました。
1月16日

252 星のお金(1)

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)
252 星のお金(1)
 (Esperanta Retradioはやめて、しばらく童話を読みます。




Vivis iam juna, povra knabino.
あるとき若い、貧しい少女が住んでいました。

Sxiaj gapatroj estis mortintaj, kaj por sxi restis nenio, nek cxambro nek lito, nur tiu vesto, per kiu sxi estis vestita.
Sxiaj gapatroj 彼女の両親
estis mortintaj 死んでいた
kaj por sxi =and for herそして彼女には
restis nenio 何も残っていなかった
nek cxambro nek lito=neither room nor bed  部屋もベッドも(ない)
nur tiu vesto ただその衣服だけ
per kiu それによって
sxi estis vestita 彼女は着せられていた
両親は亡くなっていて、彼女には部屋もベッドも、何も残っていませんでした。ただ服を着ているだけでした。

Knabino sentis sin tre soleca kaj forgesita.
Knabino sentis sin 少女は自分を感じた
tre soleca kaj forgesita 非常に孤独な、そして忘れられた
少女は一人ぼっちで、誰からも忘れ去られたように感じました。

Preninte iam ricevintan pecon da pano, sxi forlasis sian hejmon.
Preninte 手に取って
iam あるとき
ricevintan pecon da pano 手に入れたパンのかけらを
sxi forlasis sian hejmon 彼女は自分の家を立ち去った.
あるとき彼女はパンのかけらを手に持って、家を立ち去りました。

Irinte nelonge sxi renkontis viron maljunan.
irinte進んで行って
  iri行く・進む。-int~した
nelonge 短く
sxi renkontis viron maljunan彼女は老いた男に出会った
少し歩いたところで、老人に出会いました。

Tiu tiel malsatis, ke li petis sxin pri iom da pano.
Tiuその人は
tiel…ke=それで・そのため・その結果
malsatis空腹だった
li petis sxin彼は彼女に懇願した
pri iom da pano少しのパンに関して
その男は腹ペコだったので、少女にパンを少し下さいとたのみました。

Etulino, ne hezitante donis al li cxiom da pano, kiun sxi posedis.
etulino=knabino
-et小さい、-ul人、-in女
ne hezitante躊躇せずに
  -ant: ~しつつある
donis al li 彼に与えた
cxiom da panoパンのすべてを
kiun =which, それを
sxi posedis彼女が所有していた
少女は、もっていたパンを全部、すぐ老人にあげました。

Iom poste sxi renkontis plorantan infanon.
Iom posteすこしあとで
sxi renkontis plorantan infanon.彼女は泣いている子供に出会った
少しあとで彼女は泣いている子どもに出会いました。

“Al mi tre frostas en mia kapo!”
Al mi 私に
tre frostas非常に寒い
en mia kapo私の頭において
「頭がとても寒いの!」

Nun, dementinte sian cxapon, sxi donis gxin al la infano.
Nunいま
dementinte否定して
  dementi=malkonfirmi否定する
sian cxapon自分の帽子を,
sxi donis gxin彼女はソレを与えた
al la infanoその子供に.
こんどは自分の帽子をとって子供にあげました。

Ne longe poste, denove venis ploranta infano.
Ne longe poste長くない後で
denoveあらたに、ふたたび
venis ploranta infano泣いている子供が来た
しばらくすると、また泣いている子供が来ました。

Nun knabino, dementinte sian jakon, donis gxin al tiu infano.
Nun こんどは
Knabino少女は,
dementinte sian jakon自分の上着をぬいで,
donis gxinソレを与えた
al tiu infanoその子に
少女は自分の上着をぬいで、その子にあげました。

Ankoraux alia infano petis:
ankorauxまだ、さらに、
alia infano petis別の子供が懇願した
さらに別の子供が頼みました:

“Donacu al mi vian jupon, mi sentas froston!”
donacu al mi 私に与えよ
vian juponあなたのスカートを
mi sentas froston私は厳寒を感じる
「貴女のスカートをください、とても寒いんです!

Tiam knabino, dementinte sian jupon, gxin donis al tiu infano.
tiamその時、すると
knabino少女は
dementinte sian jupon自分のスカートをぬいで,
gxin donis al tiu infano.ソレをその子に与えた
すると少女はスカートをぬいで、その子にあげました。

Tiam malheligxis sxi atingis arbaron.
tiamそのとき
malheligxis暗くなった
sxi atingis arbaron彼女は森に到達した
暗くなったときに、彼女は林に着きました。

Tie sxi renkontis infanon, kiu ne surhavis cxemizon.
tie其処で
sxi renkontis infanon彼女は子供に出会った
kiu=who
ne surhavis cxemizonシュミーズを身につけていなかった.
そこで彼女はシュミーズを着ていない子どもに出会いました。

Knabino pripensis:
knabino少女は
pripensis熟考した
少女は懸命に考えました。

“Jam estas nokto, neniu min povas vidi.”
jam estas noktoもう夜だ
neniu min povas vidi誰も私を見ることはできない
もう夜だわ、誰も私を見ることはできない…

Dementinte sian cxemizon, sxi donis gxin al tiu infano.
dementinte sian cxemizon自分のシュミーズをぬいで,
sxi donis gxin彼女はソレを与えた
al tiu infanoその子に.
シュミーズを脱いで、その子にあげました。

Nun knabino posedis absolute nenion.
Nunいま
knabino posedis…nenion少女は何も所有していなかった.
absolute絶対的に

Sed subite falis steloj el cxielo, kiuj farigxis oraj taleroj.
sed=but
subite=suddenly
falis steloj星々が落ちた
el cxielo空から
kiuj =which (pl)
farigxis oraj taleroj黄金の貨幣になった.
しかし突然、空から星々が金貨になって落ちてきました。

Kaj knabino subite surhavis mirage belan cxemizon.
Kaj knabino そして少女は
subite surhavis突然、身につけた
mirage belan cxemizon驚くべく美しいシュミーズを.
そして少女は突然、驚くほど美しいシュミーズを身につけました。

Per gxi sxi kolektis la telerojn, ekde nun vivanta felicxe kaj kontente.
Per gxi ソレを使って
sxi kolektis la telerojn彼女はそれらの金貨を集めた,
ekde nun vivanta それから今生きている
felicxe kaj kontente幸せにそして満足して
それを使って彼女は金貨を集めました。それ以来、しあわせに満足して暮らしています。

FINO おわり
1月15日、2013年
プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。