スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

254 ホルレ夫人(2)

258 ホルレ夫人とホルレ氏(1)
254 ホルレ夫人(2)
訂正:昨日の番号 258 → 253




Same kiel fratino sxi vekigxis sur herbejo kaj atingis fornon el kiu vokis:
妹と同じように彼女は草原をすすみ、竈に着きました。其処から声が聞こえました:

!Ahx, eltiru nin, ahx, eltiru nin!”
「ああ、私たちを引き出してください、ああ、私たちを引き出してください!」

Sed sxi ne volis malpurigi sin kaj dauxrigis sian vojon gxis arbo, kiu vokis:
  purigi掃除する、malpurigo汚染
でも彼女は自分を汚したくありませんでした、そして歩き続け木に着きました、その木は呼びかけました:

“Ahx skuu min, ahx skuu min, cxiuj miaj pomoj jam maturigxis!”
「ああ、私を揺さぶってください、ああ、私を揺さぶってください、私の林檎どもはすでに熟しました!」

Sed cxar sxi timis, ke eble unu ja povus fali sur sxian kapon, sxi senhalte preteriris gxis sxi atingis domon de sinjorino Holle kaj tie tuj dungigxis.
しかし、ひょっとしたら林檎が自分の頭の上に落ちるかもしれないと思ったので、立ち止まらないで木の側を通り過ぎ、ホッレ夫人の家に到着し、其処ですぐに雇われました。

Dum unua tago filino laboris diligente, cxar sxi revis pri multe da oro, kion sinjorino Holle donacus al sxi.
1日目、彼女は勤勉に働きました、ホッレ夫人が暮れるかもしれない多くの黄金を夢見ていたからです。

Sed jam ekde dua tago knabino komencis pigri.
しかしすでに2日目から少女は怠け始めました。

Io tute ne placxis al sinjorino Holle kaj sxi tuj maldungis sxin.
なにか万事がホッレ夫人には気に入りませんでした、そしてすぐ彼女を解雇しました。

Sxi gvidis pigrulinon al garnda pordo, sed kiam knabino staris sube anstataux oro versxigxis sur sxin giganta kaldrono plena da
pecxo.
彼女は怠け女を大扉へ連れて行きました、しかし少女が立った時に、黄金の代わりにピッチでいっぱいの巨大な大鍋が
彼女の上に降りそそぎました。

“Jen via salajro, por via prigreco” diris sinjorino Holle sxlosante pordon.
「あんたの怠け賃だよ」とホッレ夫人は、扉に鍵をかけながら言いいました。

Tia pigrulino venis hejmen, tute kovrita per pecxo.
少女はピッチだらけになって家に帰りました。」

Koko kriis: “Kikerikiiiii Pecxo-Mariiie de niiii estas tie cxiiiiii!”
雄鶏が啼きました:「キケリキイイイイ 私たちのピッチ-マリイイエが此処オオオオに居る!」

Pecxo firme algluigxis, tiel forte ke oni ne povis forigi gxin dum sxia tuta vivo.
ピッチはしっかり貼りついていたので、死ぬまで消せませんでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。