スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

255 ブーツをはいた雄猫(1)

255 ブーツをはいた雄猫(1)
255 ブーツをはいた雄猫(1)
(Virkato botita)





Vivis iam muelisto kun tri filoj, azeno kaj virkato.
あるとき製粉業者が3人の息子、ロバ、雄猫と暮らしていました。

Kiam muelisto mortis, plej agxa filo heredis muelejon, meza filo ricevis azenon;
製粉業者が死んだとき、長男が製粉所を相続し、次男がロバをうけとりました。

kaj por plej juna filo nur restis virkato.
そして三男には雄猫だけが残されました。

“Trafis min malbone”, diris malgxoja tria filo al si mem.
「運が悪かったんだ」と悲しい三男は独り言を言いました。

“Mia plej agxa frato povas mueli, la meza povas rajdi sur azeno.
「長兄は粉を挽ける、次兄はロバに乗れる。

Mi nur povas farigi paron da peltaj gantoj el felo de mia kato.”
僕はネコの皮から毛皮の手袋をつくれるだけだ」

Virkato, auxdinte tiujn vortojn, parolis al sia maestro:
雄猫はその言葉を聞いて、主人に言いました。

”Bonvolu, lasi min vivanta.
「どうか命だけはお助けを。

Vi nur arangxu por mi paron da botoj, porke mi povu promeni.
私には、歩けるようにブーツを手配してください。

Tiam ankaux vi baldaux ricevos helpon.”
すると貴方も、まもなく助力をうけとるでしょう。

Knabo suficxe miris kaj, ke sia virkato kapablas parole, kaj pri ties peto.
少年は雄猫がしゃべれること、それに願い事をしたことにおどきました。

Sed cxar jxus preterpasis sxuisto li pripensis:
しかしちょうど靴屋が通りかかったので、彼は思案しました。

“Mi ja povus provi tion.”
「ためしてみよう」

Tiukaze por sia virkato li mendis paron da komfortaj botoj.
雄ネコのために快適なブーツを注文しました。

Kato surmetis siajn botojn.
ネコはブーツをはきました。

Poste gxi prenis sakon, plenigis gxin per greno, fermis gxin per sxnuro kaj metis gxin sur sxultron.
そのあと、ネコは穀物でみたした袋のクチを縄でくくり、肩にかついで

Tiam gxi elkuris pordon.
門をとび出しました。

Survoje virkato renkontis sian amikinon Murri, kiu estis regxa hejma kato.
途中で雄猫は友人の雌猫ムッリに出会いました、彼女は王様の家ネコでした。

“Vi aspektas triste”, diris virkato.
「悲しそうだね」と雄猫は言いました。

“Nia regxo ja tre sxatas mangxi perdrikojn”, gxemis Murri, “sed tiuj birdoj nuntempe kondutas tiel timeme, ke neniu cxasisto posedas lertecon kapti ilin,”
  gxemiうめく、lerteco巧みさ
「王様はヤマウズラを食べるのが大好きでね」とムッリは低い声で言いました。「ところがこのところ怖がって出てこないものだから、どの猟師も獲れないのよ」

Kurante arbaron virkato pensis:
森へ走りながら雄猫は考えました:

“Mi certe kaptos perdrikojn”.
「僕がきっとヤマウズラを獲ってやる」

En senarbejo gxi starigis sakon kiel tendon kaj dissxutis grenerojn.
木の無い場所に袋をテントのように立て、穀粒をまき散らしました。

El sxnuro gxi nodis masxon, kiun gxi kasxe metis en herbon.
縄から網糸を結び、その端を草の下に隠しました。

Gxi mem kasxis sin en arbusto.
彼自身も藪に隠れました。

Kaj atendis.
そして待ちました。

Baldaux alvenis perdrikoj.
まもなくヤマウズラがやってきました。

Komence unu, tiam du, poste pli kaj pli.
はじめに1羽、すると2羽、それからだんだん増えました。

Bekpikante grenerojn, ili hopis en sakon.
穀粒を嘴でつつきながら、鳥どもは袋の中へ跳びこみました。

Kiam gxi estis plena, virkato fermis masxon.
それがいっぱいになったときに、雄猫は網糸を閉じました。

Sxultrinte la pezan sakon gxi marsxis al regxa palace.
重い袋を肩にかついで、猫は王宮へ駈けました。

Regxo triste sidis sur sia trono.
王は悲しげに王座に座っていました。

Proksimigxante virkato gxentile diris:
近づいて雄猫はしとやかに云いました:

“Mia grafa maestro rekomendas sin al via majesta mosxto sendante cxi tiun sakon, plene da perdrikoj.”
  rekomendi勧告する、推薦する
「私の主人の伯爵が、ヤマウズラでいっぱいのこの袋をお届けして、陛下にご挨拶いたしております」

Regxo tre gxojis.
王は非常に喜びました。

Li donigis al virkato saketon da oraj moneroj dirante:
王は雄猫に金貨の袋を与えて言いました:

“Tiun oron transdonu al via maestro.
「この金貨をお前の主人に手渡せ。

Mi multoble dankas pro tiu donaco.
この贈り物には心から感謝する。

Nun adieux, mi dziras bongustigi al mi tiujn perdrikojn.”
さあ下がってよいぞ。私は此のヤマウズラの味を楽しみたい」

Virkato donis la oron al sia maestro.
雄猫はその金貨を主人に渡しました。

Tiu opiniis, ke li nur songxas.
主人は、夢ではないかと言いました。

Sed virkato rakontis la tutan epizodon pri perdrikoj fine dirante:
しかし雄猫はヤマウズラ捕獲の委細を語りました。

“Morgaux mi denove alportos perdrikojn al regxo, kaj vi farigxos pli ricxa.
「明日もう一度、ヤマウズラを王様に届けましょう、貴方はもっと金持ちになるでしょう」

Postan tagon, denove cxasinte, virkato portis sian kaptajxon al regxo.
翌日また狩りをして、雄猫は獲物を王様にとどけました。

Tiu ankaux cxi-foje premiis gxin per sako da oro.
  premio賞
王様は今度も金貨の袋を与えました。

Tiamaniere progresis tuta semajno.
このようにしてまる1週間が過ぎました。
1月18日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。