スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

266 王さま蛙

266 Regxo Rano 王さま蛙
266 Regxo Rano 王さま蛙
(グリム)





Estis iam belega princino.
あるときとても美しい王女がいました。

Dum sunaj tagoj sxi sidis sur bordo de puto kaj ludis per ora globo, sxi jxetis gxin alten kaj poste gxin kaptis.
お天気の日に彼女は井戸の縁にすわって、黄金のまりを上に投げ、落ちてくるのをうけとって遊んでいました。

Sed foje sxi miskaptis, globo falis en puton kaj rapide dronis en nigra profundo.
  Droniおぼれる
しかし一度受けそこなってまりは井戸の中に落ち、急速に黒い底に消えていきました。

Princino ege malgajis kaj lauxte ploris, cxar ora globo estis sxia plej sxatata ludilo.
 lauxte大声で、 ludi遊ぶ、-il道具、
王女はとても悲しみ、大声で泣きました、黄金のまりは彼女の一番好きな遊具だったからです。

Subite elakvigxis dika, malbelega rano kaj diris:
突然、ふとった醜い蛙が水から浮かび上がって言いました:

“mi redonos al vi vian globon, se vi min akceptos kiel amikon, se vi permesas, ke mi povas mangxi el via talero kaj dormi en via lito.
「もし僕を友人としてうけいれ、あなたの皿からたべ、あなたのベッドで眠ることを許してくださるなら、あなたにまりをとり戻してあげましょう」

Haste sxi respondis:
急いで彼女は答えました

“mi cxion promesas!
「すべて約束します!

Redonu al mi mian globon!”
私のまりをとりもどして!」

Rano tute profunde subakvigxis kaj redonis oran globon al princino.
蛙は水に深くもぐり、黄金のまりを王女にとりもどしました。

Knabino transprenis globon kaj gxoje forsaltis.
transpreni引き取る, forsalti跳び去る
王女はまりをうけとり、大喜びで立ち去りました。

“Atentu!” vokis rano.
「待って!」、と蛙が声をかけました。

“Kunprenu min!”
「ぼくを一緒につれて行って!」

Sed knabino ne auxskultis kaj jam forgesis sian promeson.
しかし、王女は耳をかさず、もう約束をわすれていました。」

Postan tagon sidis cxirkaux tablo regxo kun sia filino kaj kun multaj korteganoj.
翌日、テーブルのまわりに王様と王女、多くの廷臣たちがすわっていました。

Subite oni auxdis frapojn je palace pordo.
突然、宮殿の扉をたたく音が聞こえました。

Estis rano, kiu vokis:
蛙が呼びかけました。

“princino, plej juna, malfermu por mi pordon.”
  plej juna最も若い
「王女さま、扉をあけてください」

Ekvidinte ranon, princino ektimite klakfermis pordon.
  klakfermi=jxetfermi
蛙をちらと見た王女は、こわくなって扉をバタンと閉めました。

Sed regxo demandis, kion rano petis, princino devis konfesi, ke sxi promesis sian amikecon al rano.
しかし蛙が何を頼んでいたのかと王様に尋ねられ、王女は蛙と友達になる約束をしたことを告白せねばなりませんでした。

“Promeson oni devas plenumi!
  plenumi実行する、遂行する、果たす
「お約束は守らなければなりません!

Malfermu prdon por gxi!”, ordonis regxo.
「扉をあけておやり!」と王様は命じました。

Pro tio princino nauxze enlasis ranon, kiu postsaltetis sxin gxis sxia segxo.
そのため女王は吐き気を覚えながら 蛙を中に入れました、蛙は彼女の椅子まで跳ねて行きました。

Post tio rano arangxis, ke sxi levis gxin sur tablon kaj petis:
そのあと、食卓の上へあげてくださいなと蛙は頼みました:

“sxovu pli proksimen vian oran teleron, pro kio ni komune povas mangxi.
二人で一緒にたべられるように,貴女の黄金の皿をもっと僕の方へ寄せてください。
  sxovi押し動かす, telero皿

Nur malvolonte princino tion faris.
malvolonte=nevolonteいやいや
いやいやながら王女はそうしました。

Post kiam rano satigxis, gxi diris: “mi dormemas.
おなかいっぱいたべたあと、蛙は「僕は眠い」と言いました。

Arangxu vian silkan litajxon, ni enlitigxu!”
  litajxo寝具類、-ajx事物、enlitigxiベッドに入る
貴女の絹のおふとんをしいてくださいな。ふたりで寝ることにしましょうよ!」

Princino nauxzis kaj lauxte ploris.
王女は吐き気をおぼえて、大声で泣きました。

Regxo kolere diri: “kiu helpis al vi, tiun vi ne malrespektu!”
  malrespekti無視・軽蔑する
王様は怒って言いました、「お前を助けてくれたものを、バカにして相手にしないという法はない!」

Princino per du fingroj portis ranon en cxambron.
お姫さまは二本指で蛙をつまんで部屋へはこびました。

Sed kiam rano vere postulis, dormi kun sxi en lito, princino ege kolerigxis kaj plenforte jxetis ranon kontraux muron.
しかし蛙がほんとうにベッドの中で彼女とねることを要求したとき、お姫さまは激怒して蛙を力いっぱい壁に投げつけました。

Falante de muro, rano subite transformigxis al belega princo.
  fali落ちる
壁からおちると、蛙は突然、とても美しい王子にかわりました。

Malbonega magio ensorcxis lin kaj nur tiu princino kapablis liberigi lin el sorcxo.
極悪の魔術が彼を魔法にかけていました、そしてこの王女だけが彼を魔法から

Plengxoje regxo geedzigis ambaux.
  geedzigi 夫婦にする
大喜びで王様はふたりを結婚させました。

Postan matenon venis luksa kalesxo, tirita de ok blankaj cxevaloj por veturigi ilin al princa palace.
翌日、二人を王子の王宮へ運ぶために、8頭の白馬に引かれた豪奢な四輪馬車がやって来ました。

La fidela Henriko, servisto de juna princo, siatempo pro granda malgxojo ligis sian koron per tri feraj ringoj pro ke koro ne disrompigxu.
  siatemp0かつて・当時、ligiむすぶ・つなぐ,  kor心臓・むね、disrompigxi粉々になる
  -dis分散・拡散・分離
若い王子の従者・忠実なヘンリコは、当時大きい悲しみ(注:王子が蛙になった)のために、胸がはれつしないように3つの鉄のタガを胸のまわりにはめてもらいました。

Sed nun servisto tiom felicxis, ke unua ringo per lauxta krako disfalis.   
tiom…ke=so much so …that, disfali解体。分裂してなくなる
しかし今、従者はとても幸せったので、第1のタガがパチーンと大きい音をたてて崩壊しました。

“Henriko, kalesxo disrompigxas!” vokis princo, “Ne, princa mosxto, ne estas kalesxo!”
  mosxto陛下・殿下・閣下
「ヘンリコ、馬車がこわれる!」と王子が叫びました。「いいえ、王子さま、馬車ではありません!」

Kaj denove kaj poste trian fojon krakante disrompigxis feraj ringoj de koro, cxar servisto plenis pro gxojego, cxar lia princo liberigxis de sorcxo kaj nun kiel edzo felicxas.
もう一度、またもう一度、パチーンという音がして胸のタガ(鉄の輪)が崩壊しました、なぜなら従者が喜びでいっぱいだったからです、なぜなら彼の王子が魔法から解放され、今や夫として幸せだからです。

FINO
1月30日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。