スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

269 NZの物語(2)

268 物語 Pare kaj Hutu パレとフトゥ
269 NZの物語(2)




Venu en mian kabanon.”
私の小屋の中へ来なさい」

Hutu sentis sin tute amoplena.
Hは完全に愛情で一杯に感じました。

La doloro estis tiel granda, ke li deturnis sian vizagxon, kaj rapide foriris, ecx sen adiauxa
vorto.
苦痛はとても大きかったので、彼は自分の顔をそむけました、そして別れの言葉も言わず
に急いで立ち去りました。

Dum la nokto li piediris al sia malproksima tribo, kun koro pro sopirego tre peza.
夜のあいだ、切ない思い出のために非常に重い心を持って、自分の遠い部族へ歩きました。

Pare ne plu venis en la sunlumon aux rigardis la sportojn;
Pはもはや太陽の光の中に来ず、あるいはスポーツを見ませんでした。

Nek ornamis la hararon, nek vagis en la arbaro, nek kantis, nek pagajis en sia kanuo;
毛髪を飾らず、林のなかを散歩せず、歌わず、カヌーを漕ぎませんでした。

Sed nur meditis en sia kabano, silente.
しかし黙って、自分の小屋の中で瞑想するだけでした。

Hutu nek revenis mem, nek sendis iun kun ia mesagxo.
Hは再び来ず、何らかのメッセージを伴う何ものかも送りませんでした

Pare ne plu mangxis aux trinkis;
Pはもはや食べず、飲まずでした

Kaj post kelkaj tagoj de plena silent, sxi denove ekordonis al siaj servantinoj:
完全な沈黙の数日後に、彼女は侍女たちにまた命令し始めました。

“Arangxu mian hejmon dece.
「私の家をふさわしいように整えなさい。

Ne parolu al aliaj, sed iru kaj dormu aliloke.”
他の者たちに喋るな、他の場所へ行って(ほかの場所で)寝なさい」

Ili obeis, kvankam maltrankvile.
彼らは不安でしたが、従いました。

Pare fermis sian pordon, prenis kordon plektitan, kaj pendigis sin de trabo en la kabano.
Pは小屋の扉を閉め、編んだ紐を手にとり、小屋の梁(横げた)から自分を吊りました。

Sxia spirit foriris okcidenten.
彼女の霊魂は東に飛び去りました。

Matene, la tutta tribo lamentis;
朝になって、すべての部族民は悲しみました。

Kaj la servantinoj rakontis, kiel Pare finfine amis Hutu’n.
そして侍女たちは、Pが最後にどのようにHを愛したかを語りました。

Sxiaj tribanoj koleris, kaj decides, ke Hutu, kiu kauxzis sxian morton, devos morti.
彼女の部族員は怒りました、そして彼女の死を惹きおこしたHは生かしておけぬ(死なね
ばならぬ)と決めました。

Dum la virinoj ame prepares sxian kadavron, ornamente gxin per skarlataj floroh kaj
blankaj plumoj, kaj metante apud sxin nutrajxon por sxia vojagxo al la Spiritolando, rapide
kurantaj junaj milistoj sekvis Hutu’n.
女たちが愛情をこめて彼女の死体を緋色の花や白い羽毛で飾り、あの世への旅のために食
料を彼女のそばに置いて(葬儀の)支度をしている間に、若い兵士たちは駆け足でHの後
を追いました。

La tribanoj ploradis kaj veadis, kaj kunfrotis kamarade la nazojn, kaj la servantinoj kantis
mortokanton:
部族員たちは号泣し嘆き、そして同志的に鼻をこすりあわせ、侍女たちは死者を悼む歌を
歌いました。


Pare kusxas nun silent,
Pは今沈黙して横たわっている

Pare ne parolos plu,
Pはもはや語らない、

Per la vojo okcidenta
東方への道によって

Kiel iras riverflu’,
川の流れのように行く

Pare iris, iris for;
Pは行った、遠くへ行った;

Falis nia bela flor’.
われわれの美しい花は落ちた、

Luno lume reserenas,
光は明るく再び晴れる

Grimpas el la nigra tru’,
黒い穴からよじ登る

Sed mortintoj ne revenas,
しかし死者は戻って来ない

Venas nun neniam for,
いま決して遠くへ来ない、

Cxiam restos la dolor’.
常に苦痛が留まるだろう。


Ili ame portis la kadavron al brancxara kusxejo en la arbaro.
彼らは死体を林の中の枝の寝床に、愛をこめて運びました。

La junaj militistoj atingis Hutu’n kaj diris, “Pare mortis.
若い兵士たちはHの所へ来て言いました、「Pは死んだ。

Vi kulpas.
お前の責任だ。

Vi revenos kun ni.”
お前は我々と一緒に戻るだろう」

Li tuj turnis sin kaj revenis, silenta kun vizagxo senlarma sed senluma.
彼は直ちに向きを変えて、涙なしだが光のない表情で, だまって戻りました。

Reveninte al la vilagxo, la militistoj demandis “Cxu vi volas viziti la kadavron sur la kusxejo en la arbaro?”
村に戻ると兵士たちは「お前は林の中の寝床の上の死体を訪ねたいか?」と訊きました。

”Kial mi rigardu sxian kadavron?
「なぜ私が彼女の死体を見るんだ?

Foriris sxia spirit.”
彼女の霊魂は遠くへ行ってしまった」

Hutu staris antaux la tribo, silent, dum cxiuj kriis kaj kriadis, “Mortu Hutu! Hutu mortu!”
全員が「Hを殺せ! 殺せHを!」と叫び続けている間、Hは部族の前にだまって立って
いました。

“Vi pravas, vi kiuj amis vian cxefinon.
「あなた達は正しい、貴方達は女酋長を愛していた。

Sed ankaux mi amis sxin.
しかし、私も彼女を愛していた。

Eble per mia granda amo mi revenigos shin.
ひょっとしたら、私の大きい愛にとって、彼女を再び呼び寄せるかもしれない。

Lasu min sercxi sxin en la Spiritolando.
霊界で彼女を探させてください。
Mi revenos.
僕は戻ってきます。

Se mi revenos sen Pere, faru kun mi laux via deziro.”
It’s all right with me. What do you want with me? ~に関して、~について
もしPなしで戻ってきたら、僕を好きなようにしてください」

La tribanoj konsentis, kaj Hutu piediris okcidenten, kaj tra la arbaro, pregxante, li sekvis la vojon de la spiritoj, kiuj indikas sian vojon per nodoj en la herboj.
部族の者たちは同意しました。Hは東方へ歩き、祈りながら林を通って霊魂たちの道を辿
りました。その道は野原の中の分岐点によって示されていました。

Sed la nobla Pare, fiera cxefino, iris tiun vojon sen timhezitoj,kaj Hutu ne trovis sxin survoje.
しかし誇り高い女酋長である高貴なPは、怖くて躊躇することなくその道を進みました。そしてHは彼女を路上で見つけませんでした。

Li do vizitis la domon de Hine, diino de la morto, kaj diris al sxi, “Mi sercxas amatan mortintinon;
彼は死の女神ヒネの家を訪れました、そして彼女に言いました:「私は愛する死者を探しています。

Montru al mi la vojon al la Spiritlando.”
霊界への道を私に教えてください」

Li donacis al sxi tre belan klabon, skulpitan kaj poluritan, faritan el verda sxtono.
彼は彼女に、緑の石から彫刻され研磨されて造られた、非常に美しい棒を贈りました。

Hine montris al li truon inter grandaj rokoj, kaj donis al li saketon kun preparitaj filiko-radikoj.
ヒネは彼に大きい岩の間にある穴を示しました、そして彼に調理されたシダの根の入った小さい袋を与えました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。