スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

270 NZの物語(3)

268 物語 Pare kaj Hutu パレとフトゥ
270 NZの物語(3)
(Majorie Boulton)




“Mangxu nur cxi tion;
「これだけを食べなさい:

Cxar se vi mangxos ion preparitan en la Spiritolando, vi ne revenos al la lumo.
というのは、貴方が霊界で何か調理された物を食べれば、光(現世)に戻って来られません。

Iru sen timo.”
怖がらずに行きなさい」

Hutu klinis sin, kaj sen timo iris en la malaltan, nigregan truon;
Hは身を屈めて、恐れることなく低い、真っ黒の穴の中へ進みました。

Kaj vento blovis lin antauxen en la landon ombroplenan.
すると風が前方へ吹いて、陰影にみちた国へ彼を送りました。

Li iris tra densa arbaro, kie nek kantis birdo, nek cxirpis insekto.
彼は密林を通って進みました。其処では鳥も鳴かず、昆虫も鳴きませんでした。

Finfin e li atingis vilagxon, similan al tera vilagxo, kie gejunuloj ludis, kaj alaij mangxis kune.
さいごに彼は現世の村に似た村に着きました。其処では男女の若者らが遊んでおり、別の者たちは一緒に食べていました。

Ili propones al li mangxon, sed li rifuzis, kaj sercxadis Pare’n.
彼らはHに食事をすsめましたが、彼は辞退し、Pを探し続けました。

Post longa sercxado, li demandis pri sxi.
長い探索のあと、彼は彼女について訊きました。

“Pare logxas tie cxi, sed nur silentas kaj malgxojas;
「Pは此処に住んでいる、しかし黙って悲しんでいるだけだ。

Sxi restas en sia kabano kaj nek mangxas, nek ludas, nek parolas.”
彼女は自分の小屋にとどまり、食べもせず、遊びもせず、喋りもしない」

Hutu invitis kelkajn junulojn ludi kun li;
Hは数人の若者を、一緒に遊ぼうと誘いました。

Ili jxetis formiotigojn kaj vipis turbojn, kaj cxiuj ridis kaj aplauxdis pro la lerteco de Hutu.
彼らはフォルミウムの茎を投げ、コマを鞭打って回し、全員がHの器用さに笑い拍手しました。

Sed Pare ne venis al sia pordo por rigardi.
しかしPは見るために扉へ来ませんでした。

Diris Hutu, “Mi montros al vi novan ludon tre amuzan.
Hが言いました、「私はとても面白い遊びを貴方たちに見せましょう。

Portu al mi arbon – altan kaj fortan, sed ankoraux flekseblan.”
私に背の高い強い、しかしまだ曲げることができる木を持ってきてください。

Tion ili fris, kaj atendis.
それを彼らはしました、そして待ちました。

Hutu fortrancxis la brancxojn, kaj ili firme replantis la arbon meze de suficxe granda spaco.
Hは枝を切り去りました、そして彼らは十分に大きいスペースの真ん中で木をしっかりと再び植えました。

“Mi bezonas fortajn sxnurojn.”
「強い紐が要ります」

Fortajn sxnurojn la januloj alportis,
若者たちは強い紐をもって来ました。

Hutu ligis la sxnuron al la supra parto de la arbo, kaj cxiuj tiris, gxis la arbo klinigxis al la tero.
Hは紐を木の上部に結び, そして木が地面へ傾くまで全員が引っ張りました。

Tiam Hutu sidigxis sur la supro, kaj invitis junulon sidigxi sur lia dorso.
そのときHは頂点にすわり、若者を彼の背中に乗るように招きました。

“Tenu forte…
「しっかりつかまれよ…

Amikoj, liberigu la sxnurojn!”
友らよ、紐を放せ!」

L arbopinto resaltis kun Hutu kaj la lud-kamarado.
木の頂点はHとゲーム仲間と一緒に跳ね返りました

Ili ripetis tiun ludon, kaj gxojis kaj ridis;
彼らはこの遊びを繰り返し、喜び、笑いました。

La junuloj kriis kaj hurais gaje;
若者たちは叫び、にぎやかに歓声をあげました。

Gxis finfine Pare rimarkis la gxojkriojn kaj venis el sia kabano.
最期にはPまで歓声に気づいて、その小屋から出てきました。

Sxi vidis Hutu’n kaj forgesis cxian doloron;
彼女はHを見ました、そしてすべての痛みを忘れました。

Sxi ridetis.
彼女は笑いました。

Kaj Hutu gxojegis, sed li silentis, per ke neniu suspektu por ke lia plano.
そしてHは大喜びしましたが、誰も彼の計画を疑わないように、黙っていました。

Baldaux Pare venis al li, kaj diris mallauxte, “Portu min en tiu ludo.”
軈てPが彼の所へ来て、低い声で「私を現世に連れて行って」と言いました。

“Venu… Tenu forte mian dorson… Liberigu la sxnurojn!”
「いらっしゃい…私の背中にしっかりつかまりなさい…紐を手から放しなさい!」

La arbopinto resaltis tiel forte, ke gxi jxetis la geamantojn gxis la ombra enirejo al tiu silenta arbaro inter la mondoj.
木の頂は強く跳ね返ったので、それは2人の愛人を両世界の間のあの沈黙の森への影の入り口まで投げ飛ばしました。

Kaj tiel Hutu gvidis Pare’n al la mondo, kie la floroj havas kololojn, kaj la birdoj kantas, kaj la insektoj zumas kaj cxirpas.
そしてそのようにHはPを現世に導きました、其処では花が色を持ち、鳥は歌い、昆虫は羽音を立て,鳴いています。

Man-en-mane ili retrovis la vilagxon de Pare.
手をとり合って二人はPの村に戻ってきました。

La tribanoj alkuris, kaj kriis, “Pare apartenas al vi!
部族民は駆け寄って叫びました「Pはが貴方のものです!

Via granda amo rekondukis sxin el la Spiritolando,”
貴方の大きな愛が彼女を霊界から連れ戻しました」

Pare prenis sian parfumitan skatolon, ornamitan per skulptajxoj kaj inkrustitan per blua perlamoto;
Pは青い螺鈿の彫刻と象嵌で飾られた香料函を手に取りました。

El gxi sxi prenis siajn sanktajn plumojn, kaj sxi fiksis ilin en la hararon de Hutu.
その中から彼女は聖なる羽毛を取りだし、彼女はそれらをHの髪に固定しました。

Hutu salutis la tribon, “Mi estas gxoja hodiaux;
Hは部族民らに挨拶しました「私は今日、嬉しいです;

Via cxefino min akceptis.
貴方達の女酋長は私を受けいれました。

Mi, Hutu, la Silenta, amas sxin per amo tia, ke ne povas esti vortoj pri gxi.
私・沈黙の男・Hは、彼女を言葉では言い表せない愛で以て愛しています。

Tamen la edzino de mia juneco logxas cxe mia tribo, cxu mi alkonduku sxin cxi tien, aux forkonduku Pare’n al mia tribo?
しかし、私の青年時代の妻が私の部族に住んでいます。私は彼女を此処へ連れて来るか、あるいはPを私の部族へ連れて行くか?

“Alkonduku vian fremdulinon, kaj ni bonvenigos sxin!
貴方の異国女性を連れてきなさい、そうすれば私たちは彼女を歓迎するでしょう!」  

Restu cxe ni kaj nia cxefino, kiu amas vin!”
私たちと、貴方を愛している私たちの女酋長のもとに留まって下さい!

Pare staris antaux cxiuj, kaj fiere tenis la manon de Hutu, kaj li gvidis sxin en sxian domon.
Pは全員の前に立ち、そして誇らかにHの手をとり、彼女を彼女の家へ導きました。
おわり
2月4日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。