スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

298 Cindrulimo 灰かぶり

298 Cindrulimo 灰かぶり
298 Cindrulimo 灰かぶり
Grimm




La edzino de ricxa homo ekmalsanis kaj kiam sxi sentis, ke sxia fino proksimigxas, sxi alvokis la solan filineton, kiun sxi havis, al sia lito kaj diris:
お金持ちの男の妻が病気になりました。彼女は自分の最期が近寄ったのをさとると、一人娘を寝床へ呼び寄せて、言い聞かせました:

“Kara infano, restu pia kaj bona, kaj bona Dio cxiam helpos vin; mi rigardis al vi de la cxielo kaj cxiam estos apud vi.”
「おまえ、いい子だからね、いつまでも神さまを大事にして、それから、気立てをよくしているのですよ。そうするとね、神さまは、いつなんどきでも、おまえを助けて下さるし、母さんも天からお前を見おろしていて、お前のためを思ってあげることよ」

Post cxi tiuj vortoj sxi fermis la okulojn kaj spiris la lastan spiron.
こう言ったかと思うと、お母さんは目をつむって、この世を去りました。

La knabino cxiutage iris al la tombo de la patrino kaj ploris, kaj restis pia kaj bona.
少女は毎日、お母さんの墓へ行っては泣いてばかりいました。それから、いつでも神さまを大事にし、気立てを良くしていました。

Kiam la vintro venis, la negxo sternis sur la tombo blankan tuketon, kaj kiam printempe la suno fortiris gxin, la ricxulo prenis alian edzinon.
冬が来ると、雪が白い布をお墓の上へひろげました。それから、春になって、お日さまがその布を取りはずしてしまったころ、この男は別の妻を迎えました。
  sterni敷く、広げる
tuketo布

La virino kunkondukis en la domon du filinojn, kies vizagxo estis bela kaj blanka, sed kies koro estis abomeninda kaj nigra.
その女は2人の娘を連れ子にして来ました。娘たちは美しくて白いのは顔ばかりで、心ときたら忌まわしく、まっ黒でした。
abomeninda忌まわしい、実にいやな、嫌悪すべき

Komencigxis malfacila tempo por la malfelicxa orfino.
不幸な孤児にとっては悪い月日が始まったのです。

“Cxu la malsagxa anserino sidos cxe ni en la cxambro!” parolis ili, “kiu volas mangxi panon, devas labori por gxi: for la kuireja knabinacxo.”
「トンチキな雌鵞鳥が、この家で、お座敷なんかにチンと坐っている法があるかよ」と彼らが言いました、「パンを食べたい者は誰だって、自分でかせぐのが当たり前さ。女中と一緒に台所へうせろ!」(fort mit der Kuechenmagd)

Ili forprenis sxian belajn vestojn, surmetis al sxi grizan malnovan kitelon kaj donis al sxi lignajn sxuojn.
3人は彼女のきれいな服をはぎとって、鼠色の古い仕事着を着せ、木の靴をあてがいました。
  kitelo作業服

“”Rigardu la fieran princidinon, kiel ornamita sxi estas!” kriis ii, ridis kaj kondukis sxin en la kuirejon.
「高慢ちきな王女をご覧よ、うまくお化粧したじゃないの」と、彼らはわいわい言ってあざ笑いながら、彼女を台所へ連れて行きました。

Sxi devis de la mateno gxis la vespero plenumi malfacilan laboron, levigxi frue antaux la tagigxo, porti akvon, ekbruligi fajron, kuiri kaj lavi.
彼女は朝から晩まで辛い仕事をし、日の出前に起きて水を運んだり、火をたきつけたり、料理したり、洗濯したりせねばなりませんでした。

Krome tio la fratinoj cxikanis sxin cxiamaniere, mokis kaj sxutis al sxi la pizojn kaj lentojn en la cindron, kaj sxi devis sidi longe kaj elekti ilin.
そのうえ姉妹たちはいろいろな事を考えだしては彼女をいじめたり、ののしったり、豌豆やレンズ豆を灰の中にぶちまけるので、娘は坐りきりで豆を拾い出さなければなりませんでした。
cxikani難癖をつける、言いがかりをつける、揚げ足を取る
  sxuti撒く、ふりまく

Cxiuvespere laca pro la laboro, sxi ne havis liton, sed devis kusxigxi apud la fajrujo en la cindro.
毎晩、仕事に疲れた彼女は寝床を持っていませんでした。竈のそばの灰の中でごろ寝せねばなりませんでした。

Kaj cxar pro tio sxi estis cxiam malpura kaj kovrita de polvo, oni nomis sxin Cindrulino.
そんなわけで、彼女はいつもゴミだらけで、汚い様子をしていたものですから、世間の人は彼女を「灰かぶり娘」と呼びました。
polvo塵、埃

Foje la patro antaux la forveturo foiron demandis ambaux knabinojn, kion li devas alporti por ili?
あるとき、お父さんが定期市へ馬に乗って出かける前に、娘2人に、おみやげには何がほしいかとたずねました。
  forveturo乗り物で去ること、出発
foiro定期市、見本市

“Belajn vestojn”, diris unu, “Perlojn kaj altprezajn sxtonojn,” la alia.
「きれいな服を」、と1人が言いました。「真珠と宝石を」、ともう1人が言いました。
  prezo値段

“Kaj, vi, Cindrulino,” diris la patro, “kion vi deziras?”
「では、灰かぶりだが」と、お父さんが言いました、「お前は何がほしい?」

“Patro, derompu por mi la unuan brancxeton, kiu ekbatos vian cxapelon dum via vojagxo hejmen.”
「お父さん、お父さんの帰り道でいちばん先に帽子へぶつかった木の小枝を折って、それを私のお土産にしてね」
  rompi割る、壊す、 derompi(枝を)折り取る 、 bati打つ、 ekbati打ち始める

Li acxetis por la du knabinoj belajn vestojn, perlojn kaj multekostajn sxtonojn kaj dum la reiro, kiam li rajdis tra verdaj arbetoj, avela brancxeto ekbatis lin kaj dejxetis lian cxapelon.
お父さんは2人の娘のために、きれいな服と真珠や宝石を買いました、それから帰り道に青々とした木の茂みを馬で通り抜けたときに、ハシバミの小枝がさわって、お父さんの帽子を突き落としました。
  aveloはしばみ、 jxeti放り投げる、 dejxeti振り落す

Li derompis la brancxeton kaj kunprenis gxin.
お父さんはその小枝を折って、持って帰りました。

Kiam li revenis hejmen, li donis al la du knabinoj, kion ili deziris, kaj al Cindrulino la avelan brancxeton.
お父さんは家へ帰ると、2人の娘たちにめいめいの望んだものをやりました。灰かぶりにはハシバミの小枝をやりました。

Cindrulino dankis, iris al la tombo de la patrino kaj plantis tie la brancxeton.
灰かぶりはお礼を言って、お母さんの墓へ行き、その小枝をそこに植えました。

Sxi tiel ploris, ke la larmoj fluis sur gxin kaj gxin surversxis.
彼女は泣いて泣いて泣き沈みましたので、涙が枝の上に落ちて、まるで水をやったようになりました。
versxiつぐ、注ぐ、 surversxi注ぎかける

Gxi kreskis kaj farigxis bela arbo.
やがて枝は大きくなって、りっぱな木になりました。

Cindrulino tri fojojn cxiutage iris tien, ploris kaj pregxis,
灰かぶりは毎日3度ずつその木の下へやってきて、泣いてお祈りをしました。
pregxi祈る、pregxejo教会

kaj cxiufoje venis blanka birdeto, kaj kiam sxi esprimis deziron, la birdeto jxetis al sxi tion, kion sxi deziris.
すると、そのたびにいつでも真っ白な小鳥が一羽、このの木へやってきて、灰かぶりが何かほしいものを口に出すと、小鳥は何でも望みどおりのものを投げ落としてくれるのでした。
3月7日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。