スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

299 Cindrulimo 灰かぶり(2)

298 Cindrulimo 灰かぶり
299 Cindrulimo 灰かぶり(2)



Foje la regxo arangxis festenon kaj invitis cxiujn belajn junulinojn de la tuta lando, por ke lia filo elekti edzinon.
かつて、王さまが祝宴を準備し、全国からすべての美しい娘たちを招きました。王子が花嫁を探し出したいからでした。

Kiam la du eksciis, ke ankaux ili estas invititaj, ili ekgxojis, alvokis Cindrulinon kaj diris:
例の2人姉妹は、彼女らも招かれているのを知ると、うきうきしながら、灰かぶりを呼びつけて言いました:

“Kombu niajn harojn, brosu la sxuojn kaj buku, ni iras al la edzigxa festo en la regxa kastelo.”
「あたし達の髪を梳いておくれ、靴を磨いて、留金を締めてね。あたしたち王様のお城へ結婚祝いに行くのよ」
   bukiバックルで締める、 edgigxo結婚

Cindrulino obeis, sed sxi ploris;
灰かぶりは、その言うなりにしてやりました、けれども泣きました。

Ankaux sxi dezirus iri kune por danci, kaj sxi petis la permeson de la duonpatrino.
みんなのダンスをする所へ自分も一緒に行きたかったからです。それで、私も行かせて下さいませんかと、継母にお願いして見ました。 
  duonpatrino継母
“Vi Cindrulino, malpura kaj kovrita de polvo volas cxeesti la festenon?
「なんだねえ、灰かぶり。お前、ゴミや汚い物をいっぱいくっつけてるくせに、お祝いの席へ行こうってえの?」

Vi havas nek vestojn, nek sxuojn, kaj volas danci!”
服も靴もないのに、ダンスをしようってえのかい?」

Sed kiam sxi insiste petis, la malbona virino fine diris:
けれども灰かぶりがしきりにせがむので、意地悪の継母は最後に言いました:

“Mi ensxutis lentojn en la cindron, se vi sukcesos elekti la lentojn dum du horoj, vi povas iri.”
「レンズ豆を灰の中へブチ撒けてあるのさ、もしお前があのレンズ豆を2時間で元通りに拾い出したら、一緒に行かせてあげる」

La knabino iris tra la posta pordo en la gxardenon kaj ekkriis:
少女は裏口から庭へ出て、声を張り上げました:

“Vi kolombetoj, vi j, vi cxiuj birdetoj flugantaj en la aero, venu kaj helpu min elekti la lentojn.”
「家鳩ちゃん、山鳩ちゃん、青空の下の小鳥ちゃん、みんな来て、あたしガレンズ豆を拾うのを手伝ってちょうだい!」

“La bonaj en la poteton,
「良いのはお鍋のなかへ。

Malbonaj en la kropeton.”
悪いのはみんなの餌袋のなかへ」

Tuj venis al la fenestra de la kuirejo du blankaj kolombetoj, poste du turtoj kaj fine flirtis kaj svarmis internen cxiuj birdeotj, flugantaj en la aero kaj mallevigxis al la cindro.
すぐに、台所の窓から2羽の白い家鳩が来ました、そのあとから2羽の山鳩が、そして最後に、空を飛んでいるすべての鳥が、羽音を立てて中へ押し込んで来て、灰のまわりに下りました。

La kolombeto klinis la kapojn kaj komencis pok, pok, pok, kaj tiam ankaux la aliaj komencis pok, pok, pok, kaj kolektis cxiujn grajnojn en la pladon.
家鳩が頭を傾けてコツ、コツ、コツ、やりだしました。そうすると他の鳥たちも同じようにコツ、コツ、コツ、やりだして、すべての豆粒を大皿に集めました。

Apenaux pasis duonhoro, ili jam finis la laboron kaj elflugis.
30分たつか、たたないうちに、はやくも仕事をすませて、みんな外へ飛び出していきました。

La knabino alportis la pladon al la duonpatrino, gxojis kaj pensis, ke nun sxi povos iri al la edzigxa festo.
少女は大皿を継母のとこへ持って行きました。自分も、これで祝宴に行けるだろうと思いこんで、ニコニコ顔でした。

Sed la malbona virino diris: “Ne, Cindrulino: nenio helpos vin, vi ne iros kun ni, cxar vi ne havas vestojn kaj ne scias danci;
ところが性悪の女は言いました:「だめだよ、灰かぶり。何をしたって、お前はダメなんだよ。一緒に行かれやしないんだよ。お前は服がないし、ダンスもできないじゃないか。

Ni devus honti pro vi.”
あたし達はお前のおかげで、とんだ恥をかくに決まってるわね」

Sxi turnis al Cindrulino la dorson kaj forveturis kun la du fieraj filinoj.
彼女は灰かぶりに背中を向けて、得意になっている2人の娘をつれて、行ってしまいました。
3月8日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。