スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

301 灰かぶり(4)

298 Cindrulimo 灰かぶり
301 灰かぶり(4)




En la sekvinta tago, kiam rekomencigxis la balo kaj la gepatroj kun sxiaj fratinoj forveturis, Cindrulino iris al la avelarbo kaj diris:
翌日、舞踏会がまた始まり、お父さんとお母さんが娘たちと出かけたとき、灰かぶりはハシバミの木の所へ行って言いました:

“Arbo kara, skuu, skuu vin,
Argxenton, oron jxetu sur min.”
「ハシバミちゃん、グラグラ動いて、ゆさゆさ動いて、
しろがね、こがね、あたしに落としてちょうだいな」

La birdo jxetis veston ankoraux pli luksan ol en la unua tago.
おなじみの鳥が、1日目より豪奢なドレスを、また投げ落としてくれました。

Kiam la orfino aperis en la salono, cxiuj ekmiris pro sxia beleco.
孤児の灰かぶりがサロンに現れたたとき、すべての人は彼女の美しさに驚嘆しました。

La regxido jam atendis sxin, donis al sxi la manon kaj dancis nur kun sxi.
王子はすでに待っていて、彼女に手をさし出し、彼女とだけ踊りました。

Kiam aliaj venadis kaj invitis sxin, li diris;
他の人たちがやってきて、彼女に踊りを申し込むと、王子は言いました:

“Tio estas mia dancantino.”
「この人は僕のパートナーだよ」

Vespere sxi volis foriri, kaj la regxa filo sekvis sxin por vidi, en kiun domon sxi iras, sed sxi forkuris de li en la gxardenon post la domo.
日が暮れて、彼女は立ち去ろうと思いました。王子はどの家に彼女が行くかを見るために彼女のあとをつけましたが、彼女は王子から離れて走り、家のうしろの庭の中へ駈け去りました。

Tie staris granda pirujo, sur kiu pendis plej belaj fruktoj.
そこには大きい梨の木が立っていて、その上にはとても美しい実がぶらさがっていました。

Sxi suprenrampis tiel lerte kiel sciureto inter la brancxojn.
彼女は小栗鼠のように巧みに枝どもの間によじ登りました。

La regxido ne sciis, kie sxi kasxis.
王子には彼女がどこに隠れたのかわかりませんでした。

Li atendis la alvenon de la patro kaj diris al li:
彼は父親の到着を待って、彼に言いました:

“La fremda knabino forkuris kaj sxajnas al mi, ke sxi saltis sur la pirarbon.”
あの見知らぬ少女が走り去って、この梨の木のうえに跳び上がったようだ。

La patro pensis: “Cxu tio estas Cindrulino?”
父親は考えました:「これは灰かぶりかな?」

Li ordonis alporti hakilon kaj faligis la arbon, sed neniu estis sur gxi.
彼は斧を運ばせて、梨の木を切り倒しましたが、その上には誰もいませんでした。

Kaj kiam la trio revenis hejmen, Cindrulino kusxis en la cindro, kiel ordinare, cxar sxi desaltis de la alia flanko de la arbo, redonis la belan veston al la boirdo kaj surmetis la grizan kitelon.
母娘の3人組が帰宅したときに、灰かぶりはいつものように灰の中に横たわっていました。彼女は木の別の側から跳び下りて、美しいドレスを鳥に返し、灰色の仕事着を着ていたからです。
3月10日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。