スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

302 灰かぶり(5)

298 Cindrulimo 灰かぶり
302 灰かぶり(5)




En la tria tago, kiam la gepatroj kaj fratinoj forveturis, Cindrulino ree iris al la tombo de la patrino kaj diris al la arbo:
3日目に、お父さんやお母さんや、きょうだい娘たちが出かけてしまったときに、灰かぶりは再びお母さんの墓へ行って、木に言いました:

Arbo kara, skuu, skuu vin,
Argxenton, oron jxetu sur min.
ハシバミちゃん、グラグラ動いて、ユサユサ動いて
しろがね、こがね、あたしに落としてちょうだいな

La birdeto jxetis al sxi tiel belajn kaj brilajn veston, kian neniu iam posedis, kaj la pantofloj estis el pura oro.
小鳥が彼女に、今まで誰も所有したことのないような美しい、輝かしいドレスを投げ落としました。お座敷靴は、のこらず黄金でした。

Kiam sxi venis tiel vestita, cxiuj miris tiel, ke ili ne sciis, kion diri.
このドレスを着て彼女が宴席へ行きましたら、誰もかれも、ただ不思議に思うばかりで、何と言ったらいいのか分かりません。

La regxido dancis nur kun sxi kaj kiam iu invitadis sxin, li respondis:
王子は彼女とだけ踊り、誰かが彼女に申し込むと、彼は言いました:

“Tio estas mia dancntino.”
これは僕のパートナーだよ。

Vespere, kiam sxi estis forironta hejmen, la regxa filo volis sxin akompani, sed sxi forkuris tiel rapide, ke li ne povis sekvi sxin.
日が暮れて、彼女が家へ帰ろうと宮殿を立ち去ったときに、王子は彼女に同伴しようと思いましたが、彼女はすばやく駈けだしたので、王子は彼女のあとをつけることができませんでした。

Sed li estis preparinta ruzon:
しかし王子は計略(はかりごと)を用意していました。

La tuta sxtuparo estis sxmirita per pecxo;
階段一面にべたべたしたチンを塗らせておきました。

Kiam sxi kuris, sxia maldekstra pantoflo algluigxis kaj restis sur la sxtupo.
彼女が走ったときに、彼女の左の靴がぺったりくっついて、階段の上にそのまま置き去りになりました。

La regxido levis gxin, gxi estis malgranda, gracia kaj tuta el oro.
王子はそれを拾い上げました、それは小さくて、あでやかで、全部が黄金でした。

En la sekvinta mateno li iris kun gxi al la patro de Cindrulino kaj diris:
そのあくる朝、王子はそれを持って、灰かぶりの父のうちへ行って、言いました:

“Sole tiu estos mia edzino, por kies piedo tauxgas cxi tiu ora pantoflo.”
「僕が妃にしようと思うのは、この黄金の靴がぴったり足に合う女にかぎる」
Ekgxojis ambaux fratinoj, cxar ili havis belajn piedojn;
これを聞いて喜んだのは姉妹二人でした、彼女らは美しい足をもっていたからです。

La pli agxa iris en la kameron kun la pantoflo por provi gxin, kaj la patrino gxin rigardis, sed bedauxrinde la granda piedfingro ne eniris, la pantoflo estis tro malgranda por sxi.
姉娘が、その靴をお部屋へ持って入って、試してみることにしました。お母さんがそれを見ていました。しかし残念なことに足の親指が入りません。靴が小さすぎたのです。

La patrino donis al sxi trancxilon kaj diris:
母親が彼女に包丁を渡して言いました:

Fortrancxu la piedfingron;
「足の指なんか、きっておしまい:

Kiam vi farigxos regxino, vi ne piedirados.”
お前が王妃になってしまえば、歩かなくても済むわね」

La knabino fortarncxis la piedfingron, superforte enpusxis la piedon en la pantoflon, kunpremis pro doloro la dentojn kaj iris renkonte al la regxido.
娘は足の指を切り落とし、足を靴の中へ無理に押し込み、歯を食いしばって痛いのを我慢しながら、王子の所へ行きました。

Li prenis sxin kiel fiancxinon sur la cxevalon kaj forrajdis kun sxi.
王子は彼女をフィアンセとして馬にのせ、一緒に行ってしましました。

Kiam ili preterrajdis la avelarbon, la du kolombetoj sidis tie kaj vokis
彼らがハシバミの木のわきを馬に乗って通ったとき、例の2羽の家鳩がそこにいて、声をかけました:

“Gruk-ru, gruk-ru, gruk-ru,
sango estas en la sxu.
ちょいと後ろを見てごらん、ちょいと後ろを見てごらん、(Rucke di guck!)
靴の中に血があるよ。

La sxuo estas tro malgranda, la vera fiancxino ankoraux sidas hejme.”
その靴は小さすぎる、あんたの本当のフィアンセはまだ家ですわっている」

Li rigardis sxian piedon kaj vidis la elfluantan sangon, pro kiu rugxigxis la blankaj sxtrumpoj.
王子は彼女の足を見つめました、そして流れている血を見ました、その血のために白い靴下は真っ赤になっていました。

Li turnis cxevalon, redonis la malveran fiancxinon kaj diris:
彼は馬の向きを変えて、にせのフィアンセを返して、言いました:

“Ankaux cxi tiu ne estas la vera.
「これも本当のではない。

Cxu vi havas neniun alian filinon?”
お前がたは、ほかに、もう娘はないのかね?」

“Ne, diris la patro, de mia mortinta edzino restis nur malgranda, mizera Cindrulino.
「ございません」と父親は言いました。「手前の亡くなりました家内の残しましたのに、小さい小さい、みじめな灰かぶりがいるだけです」

Sed sxi sendube ne povas esti la fiancxino.”
これは、とてもお妃さまになど、なれるわけの者ではございません」

La regxido volis vidi sxin, sed la duonpatrino respondis:
王子は彼女を見たいと思いましたが、継母は答えました:

“Ah, ne, ne eble;
「まあ、滅相もないこと!

Sxi estas tro malpura, sxi ne povas sin montri.
あれは、むさくるしいにも程がございます。とても、お目通りがかなうわけの者ではございません」

La regxido insistis, kaj oni devis alvoki Cindrulinon.
けれども王子は、是が非でもその娘を見たいと強情を張ったので、灰かぶりは否応なしに呼び出されました。

Sxi lavis al si la manojn kaj vizagxon puraj, eniris, salutis la regxidon, kiu donis al sxi la oran pantofelon;
灰かぶりは、まず手と顔をきれいに洗ってから、入ってきて王子に挨拶しました。王子は彼女に黄金の靴を渡しました。
3月12日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。