スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

343 PMEG(25)

343 PMEG(25)
343 PMEG(25)



Nekutima vortordo 見慣れない語順
Iafoje oni deflankigxas de la kutima vortordo por speciala emfazo k.s.
時に、特別な強調などのために通例の語順から外れることがあります。

Tio eblas, kiam la diversaj finajxoj klare montras, kiuj vortoj kunapartenas:
どの単語が共通項か、多様な語尾が明白に示しているときには、これも可能です。

Cxevalojn ili tie cxi havas tre bonajn.
非常に良い馬どもを此処に彼らは持っている。
=Ili tie cxi havas tre bobajn cxevalojn.

La N-finajxo cxe bonajn klare montras, ke gxi estas rekta priskribo de cxevalojn malgraux la nekutima vortordo.
普通でない語順にもかかわらずbonajnのN語尾が、馬の直接的記述であることをハッキリ示しています。

Pli da mono sxi ne havis, kaj laborenspezon sxi havis nenian
それ以上の金を彼女は持っていませんでした、そして労賃収入を彼女は一切持っていませんでした。
=…kaj nenian laborenspenzon sxi havis.

Unu el la plej ekstrmaj ekzemploj de tia cxi vortordo trovigxas en Esperanta himno “La Espero”:
こういう語順の極端な例の1つは、エスペラントの賛歌「希望」のなかにあります。

Ne al glavo sangon soifanta gxi la human tiras familion.
血に飢えた剣に、それは人の家族を引っ張らない。
=…gxi tiras la human familion.

Tian vortordon oni nepre ne uzu en ordinara lingvajo.
こういう語順を、ふつうの言葉のなかで使ってはいけません。



7.1.2 Uzo de O-vortaj frazpartoj O単語の文・部分の使用
O-vortaj frazpartoj rolas en frazoj precipe kiel subjekto, objekto, alvoko aux komplemento, sed ili ankaux povas roli kiel priskribo de alia vorto.
O単語の文・部分は、文の中でとくに主語、目的語、呼び駈け、あるいは補語としてちかわれますが、別の単語の記述としても使えます:


O-vortaj frazpartoj kiel subjekto 主語としてのO単語の文・部分
La bona virino trankviligis sian soifon.
その良い女性は自分の口渇を鎮めました。

Sur la korto staras koko kun tri kokinoj.
庭の上に3匹のひよこをつれた雌鶏がいます。

Legu pli pri subjekto en #12.1.1.
主語については#12.1.1も読んでください。


O-vortaj frazpartoj kiel objekto 目的語としてのO単語の 文・部分
Mi prenis broson kaj purigis la veston.
僕はブラシを手に取って、服を洗濯しました。

Mi vidas leonon.
僕はライオンを見ました。

Legu pli pri objekto en #12.2.2.
目的語については#12.2.2も読んでください。


O-vortaj frazpartoj kiel alvoko 呼格としてのO 単語 の文・部分
Ludoviko, donu al mi panon.
ルドヴィコ、私にパンをちょうだい。

Vi parolas sensencajxon, mia amiko.
君はナンセンスなことを語っている、友よ。

Legu pli pri alvoko en #12.1.2.
呼格については#12.1.2も読んでください。


O-vortaj frazpartoj kiel komplemento 補語としてのO単語の文・部分
Sur la fenestro kusxas krajono kaj plumo.
窓の上に鉛筆とペンがあります。

Li staras tutan horon apud la fenestro.
彼はまる1時間、窓際に立っています。

Mi venturas al Londono.
僕はロンドンに行きます。

Li amas tiun cxi knabinon pro sxia beleco kaj boneco.
彼はこの少女を愛しています、彼女の美しさと善良さの故に。

Legu pli cxe la diversaj rolmontriloj en #12.
多様な役割指示詞については#12を読んでください。


O-vortaj frazpartoj kiel priskribo 記述としてのO単語の文・部分
La dentoj de leono estas akraj.
ライオンの歯は鋭い。

Devas ekzisti okcidenta vojo Hindujon.
インドへの西の道があるにちがいない。

Glaso da vino estas glaso plena je vino.
ワイングラスはワインで一杯です。

Pli proksime al la fenestroj […] prenis al si lokon laboristinoj pli junaj.
ヨリ若い女性労働者たちは窓にヨリ近く、自分たちに場所をとりました。

Auxgusto estas mia plej amata filo.
アウグストは私の最も愛する息子です。

Legu pli cxe la diversaj rolmontriloj en #12.
多様な役割指示詞については#12を読んでください。

Legu ankaux pri perverba priskribo en #25.1.
また動詞による記述については、#25.1を読んでください。
5月3日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。