スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

344 PMEG(26)

344 PMEG(26)
344 PMEG(26)



7.2. A-vortaj frazpartoj  A単語の文・部分
Priskribo per E-vortoj aux vortetoj  E単語あるいは小辞による記述
Por priskribi A-vorton oni uzas normale E-vorton aux E-vortecan vorteton.
A単語を記述するためには、ふつうE単語あるいはE単語の小辞を使います。

La priskribo staras preskaux cxiam antaux la A-vorto:
記述はほとんど常にA単語の前に置かれます:

vere felicxa真に幸福な
ekstreme longa極端に長い
mirinde bela驚くべく美しい
tre felicxa非常に幸せな
tiel belaかくも美しい
pli belaもっと美しい
iom varma少し暑い
apenaux komprenebla辛うじて理解できる、ほとんど理解できない

Sed se la priskribata A-vorto eatas participo (#28), priskribanta E-vorto aperas cxu antaux gxi, cxu post gxi:
しかし、記述されるA単語が分詞であれば、記述されるE単語はその前か、後に置かれます。

pekinta senintnce意図せずに罪を犯した
multe drinkinta多く飲んだ

O-vortaj frazpartoj O単語の文・部分
Oni povas uzi O-vortan frazparton por priskribi A-vorton.
A単語を記述するためにO 単語の文・部分が使われます。

La priskribanta frazparto havas cxiam rolvorteton aux N-finajxon.
記述されている文・部分は、常に役割小詞かN語尾を持っています。

Se gxi havas rolvorteton, gxi staras normale post la A-vorto.
もしそれが役割小辞を持っていれば、それはA単語の後に置かれるのが普通です。

Se gxi havas N-finajxon, gxi staras normale antauxe:
もし語尾 Nがあれば、普通は前に置きます。

longa je dek metroj  10 mの長さの
legebla sen helpo 助けなしに読める
scivolema pri cxio ajn 何でも知りたがりの
plena de akvo 水で一杯の
farita de mi 僕が作った
legata de mulatj homoj 多くの人に読まれた
skribita per krajono鉛筆で書かれた
mil metrojn alta 1000 mの高さの
kelkaj pasxojn distanca 数歩の郷里

Se A-vorto esprimas objektan agon, N-finijxa priskribo montras la objekton de tiu ago (#12.2.2).
A単語が客観的な行動を表現しているときには、N語尾記述はその行動の目的を示します。

esprimanta grandan inteligentecon 表現されている大きい知性
dirinta la veron真実を言っていた


Kompraj esprimoj 比較表現
Oni povas priskribi A-vorton per komapra esprimo kun kiel aux ol (#20.1).
比較表現kielかolを使って、A単語を記述できます。

Tia priskribo staras cxiam post la A-vorto:


longa kiel serpent蛇のように長い
stulta kiel azenoロバのようにバカな
felicxa kiel infaneto子供のように幸せな
longa kiel tiu cxi sxnuroこの紐のように長い
sama kiel mi僕と同じの
pli longa ol serpent蛇より長い
pli stulta ol azenoロバよりバカな
pli felicxa ol li彼より幸せな


Subfrazo aux I-verbo 従属文あるいはI動詞
Por priskribi A-vorton oni ankaux povas uzi subfrazon (#33) kaj I-verbon (#27.4).
A単語の記述に、従属文あるいはI 動詞が 使えます。

Tia priskribo staras cxiam post la A-vorton.
こういう記述は、常にA単語の後に置かれます。

Mi estas felicxa, ke mi vin akceptos.
僕は、僕が君を受け入れるだろうことで幸せです、

Ili estis auxdintaj, ke la regxo venos viziti.
彼らは王が訪ねて来るだろうと、聞かされていました。

Mi estas kapabla instrui nur la francan lingvon.
僕は仏語しか教えられません。


7.3.E-vortaj frazpartoj  E単語の文・部分
Priskribo per E-vortoj aux vortetoj E単語あるいは小辞による記述

Por priskribi E-vorton oni uzas unuavice alian E-vorton aux E-vortecan vorteton (#14).
E単語の記述には、他のE単語あるいはE単語・小辞を最初に使います。

La priskribo staras preskaux cxiam antaux la priskribata E-vorto:
その記述はほとんど常に、記述されているE単語の前に置かれます。

vere rapide真に速い
tre rapide非常に速い
ekstreme tede極度に速い
pli rapideより速い
tiel tedeそのようにうんざりさせる
iom tede少しうんざりさせる

O-vortaj frazpartoj O単語の文・部分
Oni povas uzi O-vortan frazparton por priskribi E-vorton.
O単語の文・部分を使って、E単語を記述 できます。

La priskribanta frazparto havas cxiam rolvorteton aux N-finijxon.
記述されている文・部分は、常に役割小辞かN語尾を持っています。

Tia priskribo staras normale post la E-vorto.
こういう記述は、E単語の後に置かれるのが普通です。

rilate al tioそれに関連して
rilate tionそれに関して
pere de li彼を仲介して
kauxze de la akcidemtoその事故のために
fare de ili彼らによって為されて

Se E-vorto esprimas objektan agon, N-finijxa periskribo montras la objekton de tiu ago (#12.2.2):
もしE単語が客観的な行動を表現しておれば、N語尾記述はその行動の目的を示しています。

subtenante la krucxon
壺を下支えして

eljxetante unu serpenton kaj unu ranon
1匹の蛇と1匹の蛙を吐き出して、放り出して
trovinte pomon
リンゴを見つけて

Se O-vorta preskribo de E-vorto montras mezuron, gxi staras normale antaux la E-vorto:
E単語のO単語記述が分量(測定)を示しているときには、それはE単語の前に置かれるのが普通です。

je cent decibeloj lauxte
100デシベルの音の高さで

cent decibelojn lauxte
100デシベルの音の高さで


Komparaj esprimoj 比較の表現
Oni povs priskribi E-vorton per kompara esprimo kun kiel aux ol (#20.1).
kielあるいは olを伴う比較の表現を使って、E単語を記述できます。

Tiu priskribo staras cxiam post la E-vorto.
この記述は常にE単語の後に置かれます。

longe kiel hieraux昨日のように長く
tede kiel en la lernejo学校に置けるようにうんざりして
same kiel mi僕のように同じく
pli longe ol hieraux昨日より長く
pli tede ol mia instruisto僕の教師よりもっとうんざりして


Subfrazo aux I-verbo 従属文あるいはI 動詞
Por priskribi E-vortan participon oni ankaux povas uzi subfrazon (#33) kaj I-verbon (#27.4).
E単語の分詞を記述するには従属文を使ったり、I動詞を使ったりできます。

Tia priskribo staras cxiam post la E-vorto:
そういう記述は、常にE単語の後に置かれます。

Vidante, ke sxi estas tiel bela, li demandis sxin, kion sxi faras tie cxi tute sola.
彼女がこのように美しいのを見て、彼女はたったひとり此処で何をしているのかと、彼は自問しました。

Alecxjo staris momenton apud la pordo, kvazaux sxanceligxante, cxu li devas resti aux iri post la kuzino.
アレちゃんは、留まるべきか,従姉妹の後を行くべきか、あたかも躊躇・動揺しているかのように、一瞬間、ドアのそばに立ちました。

Forgesante diri adieux al la du virinoj, li elkuris en la antauxcxambron.
2人の女性にさよならを言うのを忘れて、彼は控えの間へ走り出ました
5月4日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shige1930

Author:shige1930
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。